ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

そもそも譜読みって何をするの? 

 

譜読みって何をするの?「えっと、楽譜の音を読んでピアノで弾けるようにすることでしょ?」音・・・だけ?「えっと、強弱の記号とか、あと休符もそうだし、音の長さとかね」

譜読み=音符を並べていくこと→一応最後まで弾けるようにする→つっかえたりあまりしなくなったら表現を考える→暗譜→本番

なんとなく、このような構図が浮かんできたりはしないだろうか?「えっ、譜読みって他に何をするの?」「えっ、練習って弾けない所を弾けるようにすることじゃないの?」もしかしたら、この構図は自分が導入の頃から習い性というか常識として認識してしまっているものでもないだろうか?たしかに難しいパッセージとか、曲には沢山あったりする。なので、反復練習、リズム練習、そのようなことだけ繰り返して、弾けるようにして、別のパッセージに移る。その繰り返しをダ~ッとして曲を通して本番・・・

でも、これだけだと「ただ音を並べて弾いてみました」的な演奏にならないだろうか?

「あっ、そうよね。だって心を込めるというか、感情を込めて弾く練習をしていないもん。表現をつけていないし・・・」

心を「込める」感情を「込める」表現を「つける」・・・この「込める」「つける」という感覚だが、なんだか演奏者が曲に注入するというか、そんなイメージ?自分の中にあるものを、そこに入れ込むというか?

「込める」「つける」ではなく、譜読みの段階で「音符」を読むのではなく、「楽譜」を読み込んでいくことが譜読みなのではないか?ただ視覚的に「ドとラね」ではなく、その動き、音符の長さ、休符がなぜにそこにあるのか、和音の移ろいとか、そのようなもの、つまり「作曲者が込めたもの」を感じ取り、丁寧に拾っていくことが譜読みなのでは?自分が込めるというよりは、楽譜に作曲者が込めたものを読む段階で感じ取り、拾っていく。

練習の目的は「音を間違えないで弾けるようにすること」だけではなく、楽譜から自分が拾ったものを、どうサウンドとして具現化するか・・・ではないだろうか?腕はどうするとか、力はどこにどう入れるとか、どう抜くとかそのような具体的なこと。

よく「楽譜に忠実に」と言われるが、これは音並べだけを正確に・・・ということではなく、作曲者の感情を拾う・・・と捉えていけば、表現というものにもつながっていくかもしれない。楽譜に忠実の対極にあるものが「感情を込めて弾く」ではなく・・・

カプースチンの曲って斬新な感じ?受けるというか?ジャズっぽいところもあるし。でも楽譜が黒々としていて音符密度も高そうだ。音にするだけで難しい・・・というか?

カプースチン曲の演奏、ユーチューブとか、あるいはCDで聴いたりしていて、なかなかいい演奏がないようにも思う。まずは、弾きこなすのが難しいので、どうしても「精一杯頑張っています」のような演奏も多くなる。猪突猛進型演奏というのかな、場面場面の変化、ニュアンスや音色の違いなどに乏しい演奏。どこか「音を必死に弾きました」のような?これって譜読みの段階でカプースチンの感情、伝えたかったことを演奏者が拾っていないからかもしれない。

それとは逆に、ニュアンスというか漠とした「感情を込めて」「雰囲気を出して」的な演奏も、これまた多い。「カプースチンだからジャズっぽく」みたいな?自分が曲を聴いて感じた魅力をそこに盛り込もうとしてはいるのだろうが、譜読み段階で楽譜にどう込められているかを拾っていないというか?楽譜から拾っていないので、手段としての技術も練れていないというか?そこを「感情を込める」的(この場合、なんとなくジャズ風に?)に、ただ雰囲気重視で弾いてしまう。

ドビュッシーの演奏も似た傾向があるような気がする。この場合は、「なんとなくモヤモヤ」とか「印象派風に曖昧に」みたいな雰囲気?月の光を音にして具現化するための、楽譜からの「拾い」と拾ったものの具現化技術に欠ける。拾っていないので手段としての技術も曖昧というか?

このカプースチンはいい。演奏者が楽譜から作曲者の感情、意図を拾っていて、具現化の技も冴えている。カプースチン、ジャズではなくクラシックの作曲家ではないだろうか?この演奏からはそのようなことを感じる。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top