ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

歌う英語の授業 

 

僕と洋楽との出逢い、まずは流しの叔父が聴いていたものを、そのまま聴いていた音楽が出逢いだろうと思う。幼児だから・・・ということは一切無視して自分の聴きたい音楽を叔父は聴いていたようだ。それらの音楽、記憶にないと言えばないのだが、セピア色のような微かな記憶があると言えばある。匂い・・・というのかな?ティノ・ロッシのシャンソンなど、今聴いても懐かしさを感じる。

テレビなどから自然に耳に入る洋楽もあったと思うのが、鮮烈なる洋楽との出逢いは中学の時の英語の授業。英語教師を仮にT先生としておく。T先生は、今考えても、かなり変わった先生だったように思う。普通の(?)授業もあったが、洋楽を訳すという課題があったのだ。T先生が出す課題曲を自分なりに訳すというもの。まだ中学生だから、訳せないんだよね。そんなの習っていないし・・・みたいな構文もあったりしてね。

「これはリンゴです」のような、見れば分かるだろ?みたいな文章を機械的に習うという授業ではなかった。一応僕が通っていた中学校は、世間では進学校とされていたので、個性的なT先生の授業に対して、保護者からクレームがくることもあったらしい。管理職は困っただろうなと想像する。

「T先生の授業、英語の授業なのに生徒は歌を歌っているそうじゃないですか?」
「もっと計画的に教えて頂かないと」
「歌の歌詞なんて受験に役立つんですか?」

クレームによって、T先生の授業内容が変わったという記憶もないので、T先生は折れなかったのだろう。

課題、つまり歌詞訳しは、生徒が好きな歌を選ぶというものではなく、T先生が曲を決めた。今思うと、T先生の選曲からT先生の愛情を感じたりもする。英語・・・というより、英語を話す人々も自分たち日本人、君たちと同じなんだよ、言葉が異なるだけでね・・・みたいなことをT先生は僕たちに伝えたかったんじゃないかな?

この曲、曲調は明るい、陽気な曲だと思う。この曲を聴くとT先生を想い出したりするなぁ・・・

彼が伝えたかったもの、やっと身に沁みる年齢になったということか・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top