ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

雨に微笑みを 

 

1960年代に入ると、ニール・セダカの人気はかげりを見せるようになっていった。正確には、ニール・セダカ自身の人気が落ちたというよりは、時代が変わってしまったのだ。明るいオールディーズのような音楽は流行らなくなったのだ。おそらく、この時代苦渋を味わったのは彼だけではないのだろう。多くのオールディーズ時代の人気歌手がそうだったのだろう。

時代の反映というのだろうか、辛口でメッセージ性のある音楽が求められたのが60年代だったのかもしれない。もう「イケイケGOGO」の時代ではなくなったのだ。

「あの人は今?」という感じだったのかもしれない。むろん、昔のオールディーズを懐かしむファンは存在していただろうが、チャートを賑わすとか、そのようなことはなくなった。ある意味、音楽シーンの第一線から退く形となってしまった。

長い低迷の時、それはおそらく10年以上も続いたはずだ。1970年代の中頃、突然懐かしきニール・セダカが全米チャートの1位に返り咲いた。「雨に微笑みを」という曲だ。ニール・セダカ本人も、周囲もこの大ヒットに驚いたかもしれない。

長かった不遇の時代、売れなくなった時代、その時の自分をありのままに歌った・・・それが「雨に微笑みを」という曲なのだそうだ。

辛かった時代の自分自身を歌っても「恨み節」になっていないのが凄い。だからこそニール・セダカなのだろうが。「こんな俺に誰がした?こんな世の中に誰がした?」という歌ではないのね。

美しく年齢を重ねていると思う。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: Neil Sedaka

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top