ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

表現先送り習慣 

 

某所で読んだのだが、ピティナのステップ、参加者は演奏の抱負というのだろうか、一言メッセージを書いて提出する。それが演奏前に読み上げられる。参加者のメッセージに多い言葉、それは「間違えないで弾きたいです」そして「強弱をちゃんとつけて演奏したいです」というものらしい。まあ、たしかに「ショパンを演奏します。ショパンの精霊と共に昇天してみたいです」などとは普通書かないだろう。

この「間違えない」「強弱をつける」という参加者の言葉から想像すると、楽譜というか、音符を読んで、形にしていって、一応つっかえたりしないで弾けるようになってから、強弱というものをつけてみる・・・のような手順が見えてくるようだ。まぁ、そうなのだ。あるパッセージを何度も止まりながら・・・では「まず弾けるようにしましょうよ」となるだろう。

この「間違えない」「強弱」というところに、もう一歩進んで「表現」というものも考えてみる。ここが指導でも、練習でも最も困難なところかもしれないなと思う。「そこ、つっかえないで」とか「もっと強く」のようなことは言えるけれど、表現が平坦とか、そのようなことは何故にそう聴こえるかの原因、解決、実践・・・というところまでを押さえなければならない。その難しさと共に、ピアノを弾く人にとっての上達王道というか、王道思考のようなものが存在していないだろうかと。「心を動かす演奏?そんなことは弾けるようになってから、さらに先のことだ」みたいな?ある演奏家の演奏のある部分にときめく。ああ。再現したい、自分もあのような世界に触れてみたい。そう思うことは、どこかその演奏家と自分とを同列に感じなければならないところもある。なんて不遜で生意気な・・・

ピアノを弾きたい、あるいは再開したい、そして○○という曲を弾いてみたいと感じた、そもそもの根源的な動機は「私も・・・」という部分ではないだろうか?「聴いた演奏家、プロのCDでしょ?まずそんなことよりも弾き方とか、ちゃんと弾くことが大事なのでは?実際自分はまだ弾けないんだから」と、かつての「萌え」というか動機を先送りしてしまう。

「間違えないで」「強弱をつける」「表現を考える」という手順、そこで忘れているものはないだろうか?それは、そもそもの動機とか、そもそもなぜ自分は・・・の部分の「萌え」の部分。自分なんかまだまだ・・・そうかもしれないが、ある理想サウンドにときめいたから、萌えたから弾いているのでは?常に自分の中の萌えサウンドと比較してパッセージ練習をする必要はないだろうか?弾けてから、つっかえなくなってから・・・ではなく。

「何度も練習しました~」「つっかえないで弾けるようになりました~」がゴールではなく、自分が、かつて萌えたサウンドと比較し、「こんなに現実的でガツンとした感じじゃなく・・・」と常に比較しながら地道練習をする必要はないだろうか?比較しているサウンドがフランソワだったり、ホロヴィッツだったとしたら、その人は生意気で不遜なのだろうか?

このマスタークラスの映像は以前にも紹介したようにも思う。生徒たちは選ばれた人たちなのか、非常に上手だ。もしここで弾いている生徒たちの演奏会を聴いたら「上手ね~」「ハイレベルね~」と思うだろう。でもヴェンゲーロフとは違うのだ。面白いことに、それは誰にでも感じることなのだ。「え~っ?クラシック?苦手なんだよな~」という人にも感じる差が存在している。

「才能じゃない?」それを言ってしまっては・・・という感じだが、僕なりに感じるのは、ヴェンゲーロフの演奏は、「萌え」・・・それは空中に漂っているような彼にとっての「萌え」の要素を絶対に逃していないということだ。その萌えを自分でサウンド化したかったから彼はヴァイオリニストになった・・・みたいな?萌えは空中に漂っていたり、楽譜の行間とよく言われる部分に存在したりするらしい。それを逃さない。「それ、僕のだ・・・」と。

これは「弾けてから」とか「プロだから」というような先送り事項なのだろうか?最初から存在しているべきものでは?

生徒の後にヴェンゲーロフが弾く。「ねえねえ、どうしてそんなに素敵なところを素通りしてしまうの?キャッチしようよ?ね?」

生徒には、ある戸惑いの表情。それは「えっ、私もやっていいの?」という・・・

その時のヴェンゲーロフの目は童(ワラベと読んで欲しい)のようだ。「えっ?やらなきゃ!やりたいからヴァイオリンを弾いているんでしょ?そうでしょ?」

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top