ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

音の連なりが動かすもの 

 

聴いていて、いつのまにか惹かれている演奏と、そうでもない演奏というものがある。惹かれる、つまり「持っていかれる」みたいな演奏。ミスがあるとか、ないとか、そのような表面上のことではなく、何かしらの要素が潜んでいるのだと思う。

演奏者に尽きせぬほどの熱いものが内在していても、伝える技術が伴っていなければならない。単なる指の運動ということだけではなく、音の連なりのようなものを感じること。楽譜を読むのような?音符ではなく。そのようなものをどう演奏として、サウンドとして連結させていくか・・・なんだと思う。パラパラとミスもなく上手なんだろうけれど、曲と演奏者との間に、なんの関わり合いも見いだせないような、そのような演奏を目指している人はいないはずだ。その人がどのような位置、それは初級者とか上級者とか、そのようなこと、どのような位置に、たまたまその時にいるかは、あまり関係ないように思う。難曲をツラツラとは弾いているのだけど、曲との関わり合い不足のような、そのような演奏をしてしまう人が、シンプルな曲を弾いたら、別人のように人を魅了してしまう演奏をすることって、あまりないようにも思う。

音楽的表現のノウハウのようなものは存在していると僕は思う。ただ音符を並べているようにしか弾けないという場合、そのノウハウを伝授してもらっていないからだと。演奏が平坦、それは才能がどうたらとか、そのようなことではなく、いい教師から何かしらを教えてもらっていないから・・・

逆発想をしてみる。素晴らしい教師に教えてもらうとする。ただ「歌って~」とか「もっと感情を込めて~」と水っぽい指導だけではなく、何故にそのようになるかという具体的なノウハウを伝える能力のある教師。その場合、生徒の方に問題があるというか、感性不足というか、そのような場合、生徒の音楽は変わっていくのだろうか?つまり「感動?別にぃ・・・」とか「難しい曲を弾けば人から注目されるしぃ・・・」みたいな生徒。このような生徒を優秀な教師は導いていけるのか?まぁ、そのような人は、そもそもピアノなどという面倒なものに関わろうとは思わないのかもしれないが。

人から教えてもらわなければ絶対に分からないことってあると思う。弾き方・・・のようなもの。楽譜の捉え方・・・のようなもの。内在しているものをサウンドとして具現化するためのノウハウ。でも、自分で成長させる、育むことのできるものってないだろうか?「何故にこの音楽に感動するのだろう?」みたいなことを自分で突き詰めて考えてみる・・・みたいな?

「どうしてこの映画を観て私は泣くのだろう?」「どうしてこの絵画の前から動けなくなるのだろう?」「この演奏を聴いて心が動くのは何故?」

そもそも音楽という、音符の長短、高低という現象に何故に心が動いてしまうのだろう?

音楽と映画って密接な関係にあると思う。もし感動的なラブストーリーに全く音楽がなかったら?セリフと演技と背景の音だけ・・・例えば「慕情」のような映画に音楽がなかったら、この映画は人々の記憶に残っただろうか?

「慕情」という曲を聴いただけで映画のワンシーンが浮かんでくる。あるいは、映画のワンシーンのスチール写真を見ただけで音楽が浮かんでくる。何故にこのようなことがあるのだろう?ただの音の連なりじゃない?音楽なんて・・・

人が生きてきた歴史、人が人と関わってきた歴史、そのようなものと音楽、音の連なりが密接につながって心を動かしてしまう・・・そんなことはないだろうか?その摩訶不思議な現象に敏感になる、つなり感性を自分で訓練することって、もしかしたら可能なのかもしれない。

「慕情」は1955年公開の映画。映画も良かったねぇ。ジェニファー・ジョーンズが非常に美しい。「慕情」のテーマ曲を書いたのはサミー・フェインという人。60年以上も昔の映画だけれど、この曲は聴いたことのある人は多いのではないだろうか?映画の中で、このテーマ曲はただのコーラスとして扱われていたと記憶している。それでも、このテーマ曲が存在したからこその映画のヒットがあったのだと僕は思う。

映画公開後、フォー・エイセスというグループが、このテーマ曲を歌い、ヒットした。今でいう映画とのタイアップヒットなのだろう。フォー・エイセスのヒット後、多くの歌手が「慕情」を歌った。個人的にはマット・モンローの「慕情」が好きだ。映画の中でテーマ曲を歌ったのはマット・モンローだと長い間思っていたほど、「慕情」=マット・モンローの歌唱・・・なのだ。

人間としての自分に、もともと備わっている感性を自分で訓練してみる。ノウハウという外からくる情報だけではなく、備わっているであろう「感動能力」のようなものを磨く、このような訓練というか練習って各自で可能なのだろうか?

フォー・エイセスの「慕情」を聴くと、ジェニファー・ジョーンズとウィリアム・ホールデンとの美しいラブシーンが浮かんでくる。死んでしまった男の幻影を見る哀しい女・・・そのようなシーンが浮かんでくる。音の連なりが何故にそのような現象を起こすのだろう?

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top