ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

若葉のころ 

 

叔父はデモテープを持っていた。いわゆるカセットテープというもの。叔父の夢はレコードを出すことだったような気がする。売れようが、売れまいが、オリジナルの曲を書いてもらい、レコード会社からドーナツ盤を出すということは、歌手としての夢だっただろうと。そのデモテープを叔父自ら処分してしまっているという事実は、非常に哀しい。癌になってしまったことで、レコードを出すという夢も捨ててしまったのだろうか?

叔父が亡くなったのは1973年。歌謡曲全盛の時代だ。キャバレーで歌う、酒場で流しとして歌う、単純に「仕事」としては、まだ成り立っていた時代だったような気がする。だからこそ、志半ば・・・という叔父の無念さも感じる。叔父はフランク永井を尊敬していた。叔父も低めの声だったし、演歌ではなくムード歌謡を歌いたがっていたから、その理由も理解できる。フランク永井も進駐軍でトラックの運転手をしたり、タクシーの運転手をしながら歌手を夢見ていた人だ。なので、叔父のような売れない歌手に対して援助することもあったらしい。「食べられているのか?」・・・僕自身、フランク永井の膝に乗った記憶がある。叔父と一緒にフランク永井の家に行ったのだと思う。犬がいたなぁ・・・などとセピア色の記憶だ。

叔父はフランク永井が自殺未遂をしたことは知らない。これは叔父にとって良かったことだと僕は思っている。その時に叔父が生きていたらショックだったと思うから。徐々に歌謡曲というものが衰退していく時代に突入する前、叔父が亡くなったことは、叔父にとっては良かったのか?ちょっと判断できないな。でも叔父にとっては、さらに厳しい時代になっていたような気はする。キャバレーなども衰退していっただろうし、流しという仕事もカラオケという装置に変わっていく、そんな時代になっていくのだから。美しい旋律も、一度聴けば記憶に残るような、そんな旋律の曲も少なくなっていく。どの世代も歌えるような、そんな曲も東西問わず少なくなっていく。叔父はそのような世界を知らずに旅立ったのだ。

ビージーズのドーナツ盤、「メロディ・フェア」よりも、実はカップリングされた「若葉のころ」に叔父は惹かれたのではないか?叔父はこの旋律に惹かれてレコードを買ったのではないか、そんな気がしている。今、ヒット曲にこのような旋律の曲は少ないように思う。メロディーは死滅したのか?打ち込み音がまず耳に入るような曲しかヒットしないのか・・・

この「若葉のころ」は、後に日本のテレビドラマにも使用されたらしい。そして、かなりのヒットも記録したらしい。人々は美しい旋律を求めていないわけではなかったのだ。なので何十年も昔の曲がヒットするのだ。人々は旋律をまだ求めているのだ。

「歌謡曲は衰退してしまったけれど、美しい旋律も少なくなってしまったけれど、人々はそれを忘れてしまったわけではない、求めている。叔父さんが生きて歌っていた頃と変わっていないものもあるんだ」叔父にそう言ってみたい気がする。

叔父は「そんなこと知っていたさ・・・」そう僕に答えるような気がする。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 昭和歌謡「公園の手品師」の日記

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top