ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

日本発祥のスポーツ 

 

昔はフィギュアスケート、マイナーなスポーツだったのか?日本でも、それなりに人気はあったように思うけれど、全日本選手権のチケット入手が困難・・・みたいなことはなかったように思う。1985年の世界選手権、東京で開催されたのだが、シングルのフリーでも空席はあったと記憶している。フィギュアスケート、今ではアマチュアの選手もスポンサーがついたりしているらしいけれど、やはりアマチュアとプロとの境目は、はっきりしているように感じる。現役引退みたいな形で明確化されているように思う。

これは完全に僕の偏見なのだと思うが、オリンピック競技の放送で、ゴルフとかテニスなどを観ると、ちょっと違和感を感じたりもする。プロとして賞金を稼いでいるような人がオリンピック?なんとなくそう感じてしまったりもする。まぁ、いいのだが。

世の中にはマイナーなスポーツというものもあるらしい。新体操はどうだろう?スリムで小柄な女性(少女?)が柔軟性を活用し、美の競演をする。魅せる競技、パフォーマンスとして技術だけではなく、観客のテンションを集める表現力・・・みたいなことも重要だったりする。そのような意味ではフィギュアスケートと近いような?女子の新体操はオリンピック競技になっているぐらいだから、メジャーではあるのだろう。

男子にも新体操はある。女子と、ある意味では似ているかな?個人と団体があり、男子も個人では種具を用いる。クラブとかロープとか。さすがに男子にリボン・・・はないが。

男子新体操の競技人口は約1000人。これではマイナーなスポーツかもしれないね。各国に1000人・・・ではなく日本で1000人。競技人口は日本に集中している。男子新体操は日本発祥のスポーツなのだ。海外に男子新体操の魅力を発信したりとか、色々とやっているらしいのだが、国体の競技からも男子新体操は、はずされてしまったりと、なかなか難しいようだ。

男子新体操、発祥国日本においてさえ、あまり馴染みは少ないのかもしれない。もしかしたら「え~っ、男にも新体操があるの~」みたいな人もいるかもしれない。見てみると、これがまた素晴らしいのだ。このようなスポーツ競技が消滅してしまうのは、なんとも勿体ないと思う。

このブログは新体操ブログではないし、スポーツブログでさえない。このブログを訪れる人は、何かしら「ピアノ」と関係ある人が多いだろうと想像する。そのような人に、一人でも「えっ?男子の新体操ってこんなに素晴らしかったの?」と知ってもらいたい気持ちがある。

鹿児島実業高校、野球部が有名らしいのだが、この高校、新体操でも有名なのだ。大会で連覇している・・・みたいなチームではないのね。成績だけを見ると、あまりパッとしないのかもしれない。でも演技が非常にユニークなのだ。およそ3分間の演技なのだが、見入ってしまう。飽きさせない、これは、ある意味非常に難しいことのように思う。それを鹿児島の高校生がやっているということに、まず驚く。

もともと、あまり強いチームではなかったらしい、大会に出場できるということは、鹿児島実業高校新体操部にとっては、当たり前のことではなく、ある意味「ハレ」の舞台であった。数少ない機会であるのなら、なおのこと印象に残る演技をしたい・・・そう監督は思ったのだそうだ。ユーモラスな動き、振り付けは生徒(選手)と監督との共同作業なのだそうだ。

監督はこのように言っている。

「ビデオで早送りされないような演技をさせたい」これは非常に難しいことのように思うが、彼らは見事にクリアしている。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top