ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

ああ、愛する人の 

 

1970年代、ピアノ殺人事件があったと記憶している。「ピアノの音がうるさい」と殺してしまったんだね。防音対策とか、ピアノを弾く側はそんなこと考える時代ではなかった。デジタルピアノなんて選択肢にはなかった時代。たしか、その事件の舞台って団地だったと思う。小さなウサギ小屋でもピアノ、誰でもピアノ、盛況なるピアノ教室・・・そう、昭和のピアノ。どこか懐かしいような、痛いような感覚を「昭和のピアノ」という言葉からは受ける。

昭和55年をピークに、ピアノの生産台数は見事なまでに落ち込む。盛大な滑り台のように。誰でもピアノ・・・という時代にピアノを習っていた世代、今は40代、50代、いわゆるアラフォーとかアラフィフとかいう世代。僕なども、まさにそうだ。その世代が再びピアノを弾いている。華やかなるピアノ再開組。ピアノサークルって多い。そのピアノサークルを支えているのが、アラフォー、アラフィフ世代でもある。コテコテの昭和ピアノを、どこかひきずっている世代なのかもしれない。

セピア色だけれど、忘れられない風景は誰にでもあるのではないだろうか?「ピアノ、嫌い」「チェルニー、退屈」「バッハは感情を込めないでペダルを使わないで弾きましょう」「指ははっきりと高く上げてハキハキ(?)弾きましょう」「ベートーヴェンは歌っちゃいけないのよ」

ああ、昭和ピアノ・・・とも思うが、その昭和ピアノ時代があったからこそ、今のピアノ仲間がいるのだ。大人のピアノ、ピアノは本来は大人のものだと思うけれど、50歳の人がピアノを習っていることが奇異な時代ではない。「今から保育士になるの?」なんてあまり言われないのではないだろうか?堂々と隠れる必要もなくピアノを弾ける。

そうではない時代もあったのだ。別に戦時中とか、そのようなことではなくてもね。僕の両親が若かった頃、幼かった頃、ピアノというものは身近ではなかったはずだ。貧困ではなくても、ごく平均的な家庭でもピアノを習うということが普通の時代ではなかった。お金がない、ある関係なく、ピアノなんて選択肢になかった時代もあるのだ。

僕の祖母はお嬢様だったらしい。蝶よ花よ・・・みたいな?祖父に愛され子どもたちに愛された幸せな人生だったと思うが、自分の子どもたち(全員女!)には「手に職を」・・・という育て方をした。なので母を含め、全員職業婦人(!)となった。これって結構時代を考えると珍しいのではないかな?母は看護師だったから、僕の発表会などに聴きに来たことは一切ない。「練習しなさい」とも言わなかった。ピアノには無関心だった。少なくとも僕は子ども時代、そう思っていた。「他の家のお母さんとは違うんだ」と。いつも働いていたしね。ピアノを習わせていたぐらいだから、特に貧乏な家庭ではなかったように記憶している。でも両親とも働いていた記憶しかない。

母は西洋文化への憧れのようなものは持っていたと思う。ロシア文学が好きで、特にドストエフスキーが好きだった。「私もピアノ習いたかったのよ」なんて言葉は聞いたことはない。でも昭和27年に公開された「カーネギーホール」という映画のことは熱烈に僕に語ったりしていた。「ハイフェッツさんて凄いのよ・・・」

ある日、母がレコードに合わせ、歌を口ずさんでいるのを聴いた。それは「ねぇ、何してるの?」なんて言えないような、そんなことを言って中断させてはいけないような、どこか静謐な雰囲気があった。レナード・ウォーレンのレコードだったと記憶している。母は彼の歌うドナウディの歌曲「ああ、愛する人の」をイタリア語で口ずさんでいた。イタリア語を習っていたとは思えない。覚えてしまうまで、それぐらい何回も何回も聴いたのだろう。

母と音楽、そのような記憶はその時だけだ。別に母は貧しい家庭に育ったわけではなかった。仕事をしながら子育てをしていたので、専業主婦よりは忙しかったのかもしれないが、ピアノ・・・とか、そのようなこととは無縁だった。

そのような時代だったのだ。「ああ、ピアノが弾けたなら」みたいなことが生活に入ってくるような、そんな時代ではなかった。「ああ、ピアノ・・・」みたいなことが普通の一般人(?)にも入ってくる、それは昭和のピアノ時代以後なのではないか?それ以前は、ピアノを弾かない、楽器を演奏しない、それが普通だったのだ。そのような時代だったのだ。

昭和時代の申し子たち、つまり我々のことになるが、ピアノを弾くことが普通の時代になったからこそ弾いているのだが、そこにも悩みはある。上達しないとか、忙しいとか、難しいとか、ピアノ仲間と色々とあったとか、誰かからこう言われたとか、まぁ、色々とある。でもそれは「弾くのが普通の時代」だからこその悩みかもしれない。

弾かないことが普通、別段そのことで「自分は不幸」とか、そんなことも思わないような時代があったのだ。悩める幸せ・・・それは昭和ピアノという時代を経たから。

レナード・ウォーレンのドナウディを聴くと、そんなことを想ったりする。憧れや切なさ、そのようなものをピアノに託せるというのは、普通の、当たり前のことでもないんだな・・・と。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 昭和

tb: --   cm: 2

△top

コメント

 

今回の記事、まさに今私が考えていたことでタイムリーな記事でした。

ピアノにまつわる些細な事、
練習時間が取れないとか、もっとこんな風だったらとか
趣味の人間関係の事とか…
そんな事で悩めるってすごく幸せなんですよね。
自分や家族がある程度身体的にも精神的にも健康で
生活に困らない程度に収入があって
何より”平和”。
今、世界の情勢がいろいろと不安でありますが
そういうものの上に成り立っているんですよね。

ピアノが弾けることは当たり前ではないのかもしれません。
当たり前と思ってもいけないのかもしれません。
でも、当たり前と思うくらいこの平和が続く事を願っています。

ね~み♪ #- | URL | 2017/05/07 00:21 | edit

ね~みさま

なんとなく普通に身の回りに存在していて、当たり前のように受け取っているもの、それはある意味、当たり前・・・ではないのかもしれません。

当たり前だからこそ、意識することが難しいのかもしれませんし、それが平和な世の中なのかもしれません。

kaz #- | URL | 2017/05/07 06:31 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top