ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

ミッキーと握手をした指揮者 

 

ディズニー作品に一風変わった作品がある。「ファンタジア」という作品。この作品は、アニメなのだが、ストーリーを追う映画ではない。何というか、クラシック音楽のプロモーションビデオのような作品なのだ。セリフもほとんどない。

ある二人の男が夢について意気投合した。場所はハリウッドのレストランだったらしい。その二人の男、ウォルト・ディズニー、そしてレオポルド・ストコフスキー。「目で見る音楽、耳で聴く映像」このようなコンセプトが二人の間に出来上がった。初めはデュカスの「魔法使いの弟子」の映像化、アニメ化。二人の夢追い人が話を進めるうち、構想はどんどん大きくなり、クラシック音楽のプロモーションビデオ的な壮大な作品というものへと発展していった。

1920年代まで、映画はサイレントが主流だった。たった20年後、音楽が主役の作品という構想が可能になっていたのだろう。音楽は編曲も含めて、もちろんストコフスキーが担当した。

アメリカでの公開は1940年。今観ても、「ファンタジア」は約80年前の作品とは思えないほど斬新だ。

映画のタイトルはストコフスキーの一言で決まったらしい。「ファンタジアにしよう・・・」

ストコフスキーは映画の中でミッキーマウスと握手をした唯一の(最初の?)指揮者ともなった。

太平洋戦争中、日本軍の幹部がこの映画を観たとか観ないとか・・・「こんな映画を作る国と戦争をしているなんて。我々は負けるかもしれない・・・」

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: kinema

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top