ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

世界の音楽仲間 1 

 

僕がよく聴く音楽、声楽、ヴァイオリンとチェロ、次いでクラシック以外の音楽、そしてピアノ・・・という感じになるだろうか?ピアノを弾いているにも関わらず、あまりピアノばかりを聴くということはない。往年の巨匠の演奏が好きかな、声楽でもピアノでも。

このような巨匠の演奏(CDになっているような演奏)の他に、趣味人というか、ユーチューブの演奏も聴いたりする。頻度は少なくなるけれど、この場合、声楽やヴァイオリンを聴くことはあまりない、ピアノが多いだろうか、あとはギター。順序が変わるということが我ながら興味深いところだ。

「わぁ、なんて見事なんだろう」という普通の(?)聴き方の他に、ユーチューブ演奏の場合、もう一つの感じ方を自分としては重視しているようだ。「ああ、あなたもその部分に何かを感じているのですね?そこ、素敵ですよね?」みたいな。感性が同じというか、仲間なのですね・・・みたいな。そんな感じで聴いていたりする。

人の感性なんてそれぞれなのだろう。僕は全く興味ないけれど、たとえば「ワオ!シフラ編曲のこの超絶曲をシフラ本人よりも〇秒も高速で弾いている」みたいなことには興味はない。でもそのようなところで興奮する感性の人もいるのだ。それはそれでいいのではないかと思うし、色々な価値観、感性があるからこそ、ある種の演奏に共感するということ、そのものが愛おしくなったりするのだ。「ああ、あなたも同じ方向を追っている仲間・・・ですね?」みたいな?その人と話したり、コメントを送ったりすることはなくても、なにか勝手に「仲間ですね」などと感じる。

そう考えれば、自分の演奏に対しての評価も色々・・・で普通なのかもしれない。「素晴らしかった」と言ってくれる人もいれば「あなたの弾き方では人の心を動かすことなんてできません。褒めてくれたとしても、それは社交辞令です」などと書いてくる人もいるのだ。

子どもの頃、どこまで進んだか、あるいは何歳でピアノを始めたか、再開したか、弾き続けている年数、そのようなものは人それぞれだ。なので進度のようなものはそれぞれなのだ。でも「何を弾いているのか」は様々でも、共通した何かを感じる場合、その人とは仲間なのだとも思う。

感じたものを具現化する、今度は自分でサウンド化する、この部分が非常に大変なのがピアノだけれど、まずは「ああ、素敵だ」とか感じたということは、素敵な演奏をしていた人と仲間である・・・ということのような気がする。第一歩は踏み出している。

海の向こう、日本の裏側、世界の様々な場所に仲間はいる、そんな仲間・・・と僕が勝手に思っている人の演奏を紹介したい。今までにも紹介した演奏ばかり・・・ということにもなろう。このブログを長く読んでいる人(いればだが)は「またこの人が登場している」みたいに思うかもしれない。

今、どのくらいの難易度の曲か、つまり昭和風に表現すれば何色の帯の楽譜を弾いているか、Aの曲かDの曲か・・・なんてことではなく、つまり進度ではなく、「ああ素敵ですね」と感じる仲間たちの演奏・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 世界のピアノ仲間

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top