ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

ギフテッド 

 

このような人が周囲にいるだろうか?大きな会社の社長であり、カリスマ主婦でもある。オリジナリティ溢れる、しかもセンスのいい服を着ている。「どこで買ったの?誰のデザイン?」「私がデザインして縫ったの」趣味でピアノも弾いている。仕事が多忙なので練習時間はなかなか捻出できないなどと言う。でもサークルの練習会ではラヴェルのスカルボを見事に弾いたりする。「いつから練習始めたの?」「えっと、2週間前からかな・・・」

もしこのような人がいたら、その人は「ギフテッド」と呼ばれる人かもしれない。ギフト・・・なので神から授かれた才能だ。なんでもできてしまう人だ。音楽家だとヤッシャ・ハイフェッツが「ギフテッド」だったとされている。あとはアインシュタインなんかもそうだったらしい。まぁ、超優秀人間のことだ。

キャサリン・ヒーリーもそうだったのではないかと個人的には感じたりしている。基本的にはバレリーナ・・・であったのかもしれない。でもスケートも滑るし、新体操や水泳も見事にこなしたそうだ。映画女優としてもゴールデングローブ賞にノミネートされたりしている。学歴としてはプリンストン大学卒業。う~ん、あなたは何者?

ギフテッドの人、なんでもできてしまう超優秀な人なので、悩みもないのだろうと思うが、そうでもないらしい。あまりに優秀なので、既成概念からはずれてしまうところがある。通常の教育システムとか。つまり普通の人々を対象とした社会から、どこか浮き出てしまう。ギフテッドの人が感じる孤独感、そのようなものも相当なものではないかと僕は想像する。既成の教育では飛び出てしまうので、自分でプログラムを組み、独習し・・・という強さのようなものも必要となってくるのではないだろうか?

アメリカなどではギフテッド対象の教育プログラムなどもあるそうだ。たしかに「飛び級すれば」などというレベルではなく優秀なわけだから、そのような特別なものも必要となってくるのだろう。

ちょっと調べてみたが、日本の場合はギフテッドに関する理解などは相当遅れているようだ。むろん日本にもギフテッドの人は存在しているが、そのような人が疎外感を感じることもあるようだ。普通ではない・・・医師の診断などで軽いアスペルガーなどと診断されてしまい、自分は障害を持っているんだなどと悩んだ人もいるらしいし、学校などで、どうしても目立ってしまうのでイジメにあっている人もいるらしい。

人と違う、このことが攻撃の対象になってしまう社会ってどうなのだろう?自分に自信がないと似たような人と集まり、似た者同士の集団になる。集団だと安心だよね。だから異なる人は脅威にもなる。それを認めると自分たちが危うくなるから「ええい、排除してしまえ、イジメてしまえ」みたいな?年齢差別、セクシュアリティーへの差別、どこかリンクしているように思えてならない。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top