ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

バレリーナがリンクで滑ると・・・ 

 

知ったから生活に影響があるわけでもない些細なことでも、それを知ると嬉しい・・・ということはある。もうかなり昔、1980年代の初め頃だったと思うが、テレビであるスケーターの演技を観た。たしかアメリカのアイスショーか何かの放送だったと思う。そのスケーター、ジャンプはあまり得意ではないというか、せいぜい2回転どまりだった記憶があるのだが、動き、身体のラインが、バレリーナのようで印象に残った。

フィギュアスケートとバレエは、どこか似ているところもある。スケーターが自身の表現力アップ(?)のために日々のリンクでの練習の他にバレエを習うということも、それほど珍しいことでもないみたいだ。でも彼女の場合は、バレエによってスケートも・・・というレベルではなく、「もろバレエ」のような?非常に印象に残ったのだが、そのスケーターの名前は失念してしまっていた。

プロスケーターのショーだったようにも思う。おそらく演技をしていたのは競技生活を引退したスケーターたちなのだろうと思った。アメリカのショーだったので、かつて活躍したアメリカの女子シングルの選手の演技をユーチューブで追ったりもしていた。でも該当する選手はいない。バレエのよう・・・という選手はいるのだ。でもあそこまでバレエ・・・という人は見当たらない。アメリカだけではなく他の国の選手も追ったりしていたが、該当者はなし。もしかしてアマチュアの競技会では冴えなかった?

アメリカ人の友人に訊いたりもした。「ジャンプで魅せる選手ではないので、アマチュア時代の戦績はそれほどでもない可能性がある。でも所作がバレエそのもので素晴らしい。そんな選手って思い当たる?」

「う~ん、バイウルとかゴルデーワかな?」たしかに彼女たちの動きは綺麗でバレエの要素を感じさせる。でもそうではなく、バレリーナそのものの人。「う~ん、誰だろう?」

キャサリン・ヒーリーという人だと判明した。たまたまジョン・カリーのことを追っていて判明した。ジョン・カリーが彼女を指導しているような写真を見つけたのだ。「そうか?ジョンのカンパニーで滑ったりしていたのか」現役=競技会=引退=プロとしてアイスショーという普通(?)の道を歩まなかった人なのだ。幼い頃からプロスケーター、そしてバレリーナとして活躍していたらしい。なのでアマチュアの戦績・・・という調査(?)では引っ掛かってこなかったのだ。

久しぶりにヒーリーの「バレエそのもの」のような滑りを堪能した。この動きは彼女にしかできない。この時、また10歳ぐらいなんだよね。小学生じゃないか!ジャンプだけで考えれば、ジュニア、ノービスの段階で今の日本だったら3回転をバンバンこなしているのだろうが、このようなバレエそのもののような動きを身につけている人は今でもいないのではないだろうか?

知ったから何かが変わるということでもないのだが、なんだか嬉しい。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: The Skaters

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top