ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

接待レッスンと胃痛レッスンと「あっ、本当だ」レッスン 

 

接待レッスンという言葉を知った。具体的にはどのようなレッスンなのかは分からない。生徒をいい気分にさせるようなレッスン?レッスン時間を高級旅館の接待のように、いい気分にさせるレッスン?生徒はお客様なのだから・・・みたいな?顧客?

胃痛レッスンというものは想像できる。子ども時代、どちらかと言えば胃痛レッスンの想い出があるからだ。先生が怖い、怒鳴られる・・・みたいな?「明日はピアノだ。あ~あ・・・」胃痛が・・・

子ども時代の胃痛レッスン、責任は僕にもある。練習しなかったから。まぁ、怒られるのも当然だろう。「まったく!少しは練習しなさいよっ」そうなんだけど、「実は練習って何をすればいいのか分からないんですぅ・・・」とは言えなかったんだよね。先生が怖いから。怖くさせてるのは自分なんだけどねぇ・・・

ピアノ、お稽古事として捉えた場合、悩ましいのは家でも練習しなければならないということ。教材の魅力だけで「ワクワク」「キラキラ」を引っ張ること、「ワッ、キャッ」という反応を得ること、実はそれほど長くは続かないような?いつかは地道に家で練習が必要になってくる。「ワッ、キャッ」だけではどうにもならない段階というのは割とすぐにきてしまう。

この「練習をしなければ」の時期と「表現と読譜、テクニックとメカニック」のようなことを合わせていくと、生徒、特に子どもの生徒は「ピアノやって何になるんだろう?」とは思わなくなるのではないだろうか?大人だって「できた!」という感覚は非常に嬉しいものだ。その瞬間があるから、長いスパンでの辛さ(?)にも耐えられるという側面はある。

弾くということだけでも難しいものへの取り組みになっていく。ただ弾く・・・だけでも。教材って徐々に難しくなっていくのが普通だと思うから。表現できたという感覚がないと、継続は難しい。「いつまで、なんのために?ピアニストになるわけじゃないんだし」みたいな?これからの時代、ピアノのレッスンというものは、接待レッスンでも胃痛レッスンでもなく、必要なのは「あっ、本当だ」レッスンなのではないだろうか?

趣味の子どもでも心の底では「上手くなりたい」と思っているものではないだろうか?教師の適格なアドバイスによって、その場で変わる、家に帰ればもとに戻ってしまうにしても「あの時、できたんだ」という思いは生徒にとって非常に大きいものだ。この「できる」は音符がつっかえずに弾ける・・・ということだけではなく、「ほら、今素敵になったじゃない?」みたいな奥深くの表現のようなものとも絡まってくるような気がする。接待レッスンの場合、最初から「この程度だったら楽しめばいいんじゃない?」とか「趣味だから表現なんて・・・」みたいな生徒をやや見下したところもないだろうか?

「あっ、本当だ」レッスン、生徒は僕も含めてだが、自分の問題点、冴えないな・・・みたいなところは大雑把に感じてはいる。教師の仕事としては、その大雑把な部分にメスを入れる。具体的情報によって。

「あなたはこうしてるけど、こうしてみたら?」「あっ、本当だ」

生徒の抱えている諸問題、気づいていない諸問題を具体的に、的確なタイミングで気づかせる、レッスン時間内の限られた時間の中で。教師のアドバイスによって、一瞬でも変化したことが音体験として生徒は得られるのであれば、家に帰って元に戻ってしまうにしても、その体験は忘れない。いつかは結びつく。生徒からすれば、それは泣き出したくなるほどの嬉しさだ。一生忘れられないほどの嬉しさだ。

ピアノって押せば音は鳴るから、声楽ほど「音」「声」としてマズイところが反映されにくい。声楽の場合、表現とメカというものは直結しているようなところはピアノよりも分かりやすいような気もする。このことは同時にピアノの難しさにもつながるとも思う。

「あっ、本当だ」レッスン、これからピアノのレッスンでも主流になっていけばいいなと思う。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: レッスン

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top