ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

引き出し 

 

まれに「先生が何も言ってくれない」という相談メール(?)をもらうことがある。むろん、攻撃メールや意地悪メールよりはいいのだが、返答には困る。僕などではなく、それは先生に向けられるべき相談事だとも思う。

「ここ、弾けないんです」「脱力してないからじゃない?」弾けない原因が脱力不足、それが事実だったとしても、やはりそこで終わってしまっては生徒は困る。「じゃあ、どうするんですか?」「それはね・・・」というところまでは教えてほしい。

「なんだかただ弾いているというか?歌えていないというか?」「もっと心を込めて歌ってみましょう」それが難しいから先生に相談しているわけで・・・

昔は「酷い先生もいるんだな」ぐらいにしか思わなかった。非難(?)の矛先はメール主の先生に向けられていた。今は「生徒も考えようよ」という要素も少しだけ感じたりもする。考えるというか、引き出しを作り、細切れでもいいから、情報なり気づいたこと、感じたことなどを放り込んでおく。すぐには答えは見つからないかもしれないが、ある時、バラバラだった情報がつながることもあるかもしれないではないか。

ある演奏を聴いて「いいな・・・」と思った。それだけで流してしまわずに、「どこが?」「なぜ?」みたいなことを少しだけ止まって感じてみる。答えを出そうとはしなくてもいい。○○奏法だから・・・みたいな答えを探そうとはしない。ただ放り込んでおく。

各々の課題、苦手要素、得意要素、それは人それぞれではないだろうか?その割には毎日の練習方法というもの、奏法というもの、それらのものは一律であったりはしないだろうか?本に書いてあったから、ネットで読んだから・・・ではなく、オーダーメイドの練習方法も必要なのではないだろうか?

「指が動かないから」「メカニックに弱いから」という理由、もしかしたら思い込みだけで、決まったように「ハノン」「チェルニー」などをワシワシと弾いたりはしていないだろうか?日課となっていないだろうか?「まだ弾けない、練習時間が足りないんだわ」

オーダーメイド、もしかしたらチェルニーやハノンをワシワシ・・・では解決しないこと、そのような問題点もそれで無理やり解決しようと頑張っていないだろうか?もしかしたら「人それぞれ」の課題があるのかもしれない。練習方法も人それぞれ・・・かもしれない。純粋なメカニカルな問題だと本人は思っていても、本当は、もしかしたら「音楽の捉え方」「フレーズの感じ方」みたいなことに問題があるのかもしれない。

診断だけではなく処方箋を書いて欲しい、ピアノの先生にはぜひ望むことだ。これは今でも変わらない思いだ。でも生徒もただ受け身でいるのではなく、引き出しの中に感じたこと、情報などを入れておくことぐらいはしておくべきだろうと思う。

ある演奏を聴いて「あっ、いいな」と感じた、それはとても大きなことだと思う。あなたが感じた、そこが重要だ。ピアノを弾くのは「あなた」なのだから。自分でいいなと思った要素は、ぜひ引き出しに放り込んでおこう。いつか、その情報、感じたこと、つまり放り込んであるもの同士がある日リンクするかもしれない。

「右手が軽やか」「アコーディオンとピアノはタッチ感覚が違うから」「ピアノでも応用できるかも」「もしかしたら私鍵盤の底まで押しすぎてる?」「でもピアノって鍵盤の底まで弾かなくてはいけないんでしょ?」「このおじさん、楽しそうに弾いている、いいな」「自分は音楽が好き、それが伝わるような演奏が自分でもできるといいな」「でもそんなことプロが思うことなのでは?」「横のメロディーの流れが素敵な感じ?」「一生懸命さが伝わるのっていいことではないのかも?」

すべてを引き出しに放り込んでおく。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング



スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top