ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

帰れソレントへ 2 「アモーレ民族」 

 

ルカに言わせれば、日本人はイタリア人に次いで感傷的な民族であり、イタリア人に次いでアモーレ民族なのだそうだ。「イタリア人と日本人は兄弟なんだ」そうかぁ?

日本人ピアニストとイタリア人ピアニスト、少なくとも似ていないがなぁ・・・などと思う。日本人はイタリア人に次いで感傷過多なのだそうだが、そこはサムライ精神で自分自身を律するのだそうだ。そうかぁ?

「帰れソレントへ」の音源についても、素晴らしいのはイタリア人に次いで(!!!)日本人の歌唱なのだそうだ。ルカは二つの音源を僕に紹介してくれた。そのうちの一つは僕も知っていたが、もう一つは知らなかった。

日本人の演奏、ユーチューブの演奏をイタリア人、それもソレント人に教えてもらうというのも、なんだか変な感じではある。日本の印象って、「寿司」とか「芸者」とか「自動車」「精密機器」のようなものを西洋人は連想するのだと思ったが、感傷的、アモーレの人と連想する人もいるのが嬉しいような、恥ずかしいような?

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top