ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

なんちゃってソルフェージュ練習 

 

まずはオペラのアリア集の楽譜を用意する。特に気に入ったオペラであれば全幕の楽譜でもいい。スコア・・・である必要はなく、声楽専攻の学生が購入するようなアリア集でいいと思う。特に「リコルディの楽譜がいいらしいから」などと頑張る必要もなく、日本の出版社の楽譜でいいように思う。

必要なのは「自分の好きなアリア」が入っていること。いい曲だな・・・と思ったアリア。ソプラノでもテノールでもバリトンでも、それはどの声域のアリアでもいいと思うが、できればオペラのアリアのほうが歌曲よりもいいような気はする。歌曲だと、ピアノは伴奏・・・ではないことが多く、ピアノパートも完成された世界であるので、これから試みる練習方法には合わないかもしれない。その点、アリアのピアノパートはオケの代用というか、歌曲のように作曲家が精鍛込めたようなところは少なく、言ってみればやや大雑把な編曲になっていることもあるので、いいように思う。

アリア集は声とピアノとの3段譜になっているはずだ。これをなんちゃってソルフェージュ能力を駆使し(?)ソロのように気持ちよくというか、感情のさらけ出し練習をするのだ。3段譜でソロを弾く・・・みたいな?別に「ソルフェージュを習わなくちゃ」とか大真面目に思わなくてもできるのではないだろうか?別の言い方をすると、これぐらいの「なんちゃってソルフェージュ能力」が備わっていなければ、ソロのピアノ曲を弾く場合だって「音符を鍵盤に移しています」的な弾き方や練習に依存してしまうのではないだろうか?

別にレッスンに持っていくわけではないのだ。我ながら「素敵かも?」と思ったのだったら、練習会などで披露してみてもいいかもしれない。基本的には自宅での練習用だ。

なんで泣いているの?ああ、信じられないのね?私は信じているわ。ある晴れた日、船が見えるの。あの人が乗っているわ。私を迎えにくるの。そして「可愛い蝶々さん」と呼んでくれるの。

私は信じている・・・なぜ信じないの?

男でも少女のような無垢な時間を味わえる練習でもある。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top