ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

鎖国 

 

ウラディーミル・バック、結構ユーチューブに動画がある。個人的に最も惹かれたのがスクリャービン。スクリャービンは最も惹かれる作曲家ではないのだが、これはいい。

このピアニストは2007年に亡くなっているので、生演奏はもう聴くことができない。この動画は南米での演奏会のようだ。

僕にとっては「エクスタシー」・・・という感じの演奏かな、是非生で聴いてみたかったものだ。

来日はしたことがあるのだろうか?僕が知らなかっただけなのかもしれない。でも時々感じることがある。日本のインプレサリオたちは、ちょっと勇気がないのではと。安定した人気がある、認知度がある、チケットが売れる・・・これは大事なことかもしれないが、知らない人・・・も聴きたい、未知の才能に触れたい・・・という人もいるのではないだろうか?招聘するには勇気が必要なのかもしれないが。

この人は聴いてみたかった・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top