ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

ピアニストのギャラ 

 

ピアニストのギャラ、僕は相場のようなものは知らない。まぁ、人それぞれなんだろうなとは思う。現実には「持ち出し」という人も多いのだろうなと想像する。有名なホールで華やかに・・・のように見えても、それが自主リサイタルであれば、チケットが売れなければ「持ち出し」ということになるだろうし、多くの場合、黙っていてもプレイガイドでチケットがさばけるなんていう人の方が少ないと思うし。

活動しなければお金にならないし、活動しようとすればお金は出ていくしで、ピアニストって大変だなと素直に(?)思う。自分でチケットを売ったり会場の予約をしたり会場費やプログラムの印刷代などを払わないピアニストもいる。来日する外来のピアニストとか、日本人でも非常に有名な人などは、純粋にギャラを貰うという形になることが多いのではないかと思う。

パデレフスキ、駆け出しの頃はどうだったのかは知らないが、有名になってからの彼のギャラ、一回の演奏旅行でのギャラは当時の米国大統領の年俸の3~5倍だったそうだ。むろん、一晩のリサイタルへの報酬ではなく、何回もリサイタルは行うわけだし、演奏旅行中の全部のリサイタルに対してのギャラなのだろうが、それにしても高額だ。

トランプ大統領は給料は受け取らないと言っていたそうだが、米国大統領の年俸は約40万ドル。4300万円ぐらいか?その3~5倍の額がパデレフスキのギャラだったわけだ。億???まぁ、今だったら・・・ということだが。それにしても・・・

パデレフスキの演奏、特にこのノクターンの演奏が好きだ。この曲、僕の最も好きな演奏はヨゼフ・ホフマンのものになると思うが、パデレフスキもいいなと思う。なんというか、現代の名手とは大きく大きく異なる演奏ではある。伸び縮みというのだろうか、ルバートというのだろうか、さすがに大胆だねぇ・・・

このノクターン、現代のショパンコンクールでどう評価されるかということは、とても興味あるところだ。予選敗退?

この曲、何人か現代の名手の演奏を聴いてみた。「う~ん、これは受けるだろうな、これは高評価だろうな」と個人的に感じたのが、ツィメルマンとポリーニの演奏。上手いよねぇ?当たり前だが音楽的というか?両者ともとてもクリアだ。印刷されたものを全部表現しつくしています・・・のようなクリアなところがある。素晴らしい・・・と僕でも思う。

でも、夜寝る前、ひと時の音楽としてショパンを聴くのであったら、僕はポリーニでもなく、ツィメルマンでもなく、このパデレフスキやホフマン、あるいはコチャルスキなどの演奏を聴いて眠りたいと思う。これは完全に主観的な好みの問題だろう。

音が違うんだよな・・・と思う。まずは伸び縮みに耳がいくのだが、そのことよりも音。何と言ったらいいのだろう?パデレフスキに限らずなのだが、往年系のピアニストの音って独特の軽さがある。キラキラなんだが、同時にコロコロという軽さ。現代の演奏に最も欠けている、という言い方はいけないな、個人的にもっと欲しいなと感じるところでもある。キラキラした音の人は多いのだが、コロコロ・・・という人が今は非常に少ない。キラキラとかコロコロとか、表現が稚拙で申し訳ないけれど・・・

この演奏に札束が舞ったのか・・・と思う。その価値はあると当時の人たちは判断したのだろう。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top