ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

練習のための本番って変かもしれない。 

 

学校の授業には「指導案」というものがある。指導計画があり、その計画を具現化しなければならないのが建前(?)ではある。授業という限られた時間の中で、計画に沿って目標に達していく、その段階を具体化したものが授業の指導案・・・ということになろうか?つまり行き当たりばったりではなく、目標達成のために、やるべきことを各授業単位で計画しなさいということだろうと思う。

ピアノのレッスンで実際に指導案作りをしている先生はいるのだろうか?いるだろうと思う。特に大学で教員養成的なものを学んだ先生は、その分野に強いだろうと思う。レッスン毎にプリントアウトされた指導案が必要かとどうかはともかくとして、目標があり、その具現化という基本の流れはピアノのレッスンでも必要かもしれない。病院などでも「看護計画」とか、あるはずだ。それと同じかな?

僕自身はピアノ教師ではないので、具体的なピアノレッスン指導案みたいなものには興味はないし、語る資格もないと思う。でも達成したい目標、その具体化のための課題、その課題の克服・・・のような段階を踏む、手順を踏む、今やっている練習は、そもそも何をしたいからやっているのか・・・などという日々の練習方法というか、そのようなことは元教員でもあるので、なんとなく感じることはある。

まず、日々のピアノの練習において、自分なりの「達成したい目標」というものが音イメージとしてあるだろうか・・・ということ。指導計画であれば「大目標」となる大きなものになる。この目標が「一応弾けるようにする」ということはないだろうか?それも目標なのだろうが、それは極々小さな「小目標」であり、到達点とすべき「大目標」ではない。ピアノは義務教育ではないので、この「大目標」は自分で作り上げていくものとなるだろう。それは「理想のサウンド」「(無理かもしれないが)具体化したい音世界」ということになるのでは?練習の動機、ピアノを何故弾くのか、その曲をどうして弾きたいと思ったのか・・・などという心の奥底で感じたであろう、根本にあるようなもの・・・

日々の練習、これを本番での演奏という大目標の手段、つまり小目標と考える。ややもすると「弾けるようにする」という小目標スタンスのまま本番・・・という人も多いのではないだろうか?「あそこ、大丈夫かしら?」「○○となってしまったらどうしましょう?」これは日々の小目標の具現化ができるかの心配ではないだろうか?大目標はどこへ???

譜読みの段階から「大目標」を目指す。そもそも「ああ、素敵だな」とか感じたから、その曲を弾きたいと思ったわけで、その大目標の音イメージ、音世界なく、ひたすら小目標の具現化が目標となってしまっては本番で「何故いつも私は・・・」とか「それに比べてあの人は何故?才能?」とか思ってしまう。これって不幸だし、何か違う。そもそも練習は本番を想定して、そこでの目標音世界に向かっていくものでは?本番は練習という小目標の具現化・・・これでは何か逆のような気がする。

一応楽譜(音符)が弾けてから表現を考える・・・これを否定してみたらどうだろう?できるかどうかは別として、具現化したい音世界という大目標が自分の心を動かしたのだったら、それが演奏とか練習というものへの動機となっている、そう考えてみる。もしホロヴィッツの演奏に心動かされ、弾いてみたいということの動機となったのなら、自分の大目標とホロヴィッツは乖離するべきものではないような気がする。「自分なんてまだまだ・・・」実際はそうでも、「ああ、何て素晴らしい」と感じた音世界があるのだったら、それはその人の大目標ではないだろうか?

ピアノと対面する。練習のためにピアノを蓋を開けピアノの前に座る。日々行っていることだ。「あのパッセージ、弾けるようにしなきゃ」「あそこまで譜読みして両手でなんとか通せるようにしなきゃ」・・・小目標だ。でも、いつも「大目標」のための「小目標」という意識は必要だと思う。大目標のなるべき音世界を忘れて音を出している瞬間はないだろうか?その音世界が自分などとはかけ離れた壮大なものであったなら?そこを目指すのは傲慢なのか?いや、素敵なことじゃないか?手が届かないような音世界だからこそ、だからこそピアノを弾いているのでは?

kaz


にほんブログ村


ピアノランキング

スポンサーサイト

category: ピアノ雑感

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top