ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

イグナツィの瞳 

 

パデレフスキ、パリ征服(?)後、アメリカに演奏旅行へ出ている。レパートリーが少なかったという一例が、この演奏旅行で分かる。「こんな曲・・・弾いたことない」ということがあっても、契約なので演奏しなければならない。スケジュールも相当厳しいものであったようだ。パデレフスキ自ら語っているが、この時期は一日に17時間の練習(譜読み?)をこなしていたようだ。

成功してからのパデレフスキの人気は相当なものであったらしい。専用の列車に専属の調律師、執事、コックなどが乗り込み、列車には練習用のピアノが二台も積まれた。王侯貴族の移動・・・のようであったのではないか?その様子を見物する人たちの群れ。

演奏会場でも女性の黄色い声が飛び交う。サインを求めてパデレフスキを追いかける女性たち。滞在先にも忍び込む女性がいたらしい。ある時などは「あなたの髪を下さい」とハサミを持った女性が・・・

現在の某スケート選手にみられる以上の「追っかけ」ファンの存在。クラシックのピアニストとは思えないような熱狂ぶりだ。若い頃のパデレフスキ、なんとなく今でいうところの「イケメン」であったのではないだろうか?豊かな金髪(彼の髪は有名だったようだ)、どこか影のある風貌。そのようなイケメン男性がショパンを切々と奏でる、ファンも多かったのではないかと想像する。

ヨーロッパ、特に小国を旅すると、その旅が完全に観光であっても、なんとなく感じる感覚というものはある。最初は有名な風景に「あっ写真と同じ」とか「キャッ、これ美味しい」などという反応でも、次第に「あの山のむこうには異なる文化がある、異なる言語を話す人がいるのだ」という、ある種の緊張感みたいなものを感じるようになってくる。国境というものを直に感じる瞬間とでもいうのだろうか?この感覚は日本でも北米でも感じることのできない特殊な感覚。地続きということの緊張感・・・

これは侵略、支配・・・などということの歴史を感じてしまうことなのかもしれない。ポーランドという国は大国に翻弄され続けてきた国。時には消滅さえした国。そのような憂いの国から、憂いを感じさせるポーランドのイケメンがショパンを奏でる・・・

ここにピアニスト・・・というだけではない魅力のようなものが加わったのかもしれない。

自分の国を捨ててきた人たち、捨てなければならなかった人たちに共通しているものがあるように思う。それは瞳。ある瞬間、その瞳に異様なまでの光が宿るのだ。会話をしている時、何かを考えている時、何かを見つめている時、とても強い光を感じる時がある。それは「誇り」であるように僕は思う。

パデレフスキの異様なまでの人気ぶりは、この瞳の光にあったのではないかとも感じる。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: ピアノの本

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top