ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

素敵な悪魔 

 

悪魔はヴァイオリンが上手なのだそうだ。たしかに「メフィストワルツ」の冒頭なんて、そんな感じではある。「ピアノのパガニーニになる」とリストは言ったそうだ。パガニーニ、悪魔に魂を売り渡し、ヴァイオリンの妙技を貰った・・・そのようなイメージすらある。

パガニーニとリスト、誰でも気づく共通点、それはヘアスタイル。長髪だった。これって当時の品行方正な紳士のヘアスタイルではなかったように思う。不良?そのような枠からそれたような、そんな魅力があったのではないだろうか?

女性がスボンを履いただけで後世に語られてしまうような世の中だったのだ。常に良家の子女らしく振舞うのも大変だっただろう。ちょっとだけ乱れてみたい・・・それが失神だったのかもしれないし、もう少し人間らしく・・・なんて思いもあったのかもしれない。

世間が考えもしない、想像もつかないような自分の内面、それに自分自身が演奏に接している間だけは酔える、そんな大胆な自分に酔う・・・

世の中の常識なんて覆してしまえ、道を踏み外してみろよ、快感だぜ・・・ひと時の陶酔。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top