ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

Love trumps hate 

 

「あのポーランド人女性の具合はどうです?」「そうだな、身体は回復しているが、心は依然閉ざしたままだ」「先生、やはりご家族のことは黙っていた方がよかったのでは?事実を知らせるのは酷だったのかも・・・」「そうかもしれんが、我々が黙っていても、彼女はやがて事実を知っただろう。家族が全員殺されたのだ。心を閉ざしていても仕方なかろう」「そうですね。彼女に生きる希望が見つかるといいのですが・・・」

療養所の壁だけを見つめる毎日、どうして自分だけが生きているのだろう?ユダヤの呪われた血なのだろうか?どうしてこんなことに・・・

「彼女は自分だけが生き延びたことで自分を責めているようだ。今はそっとしておこう。時間が必要だ」「そうですね」

そんな彼女のもとに、一人の男性が訪ねてきた。「マリラ・ジョナスさんですね?」

マリラは紹介されるまでもなく、その男性のことは知っていた。アルトゥール・ルビンシュタインだった。

「どうしてあなたがこんなところに?」「あなたのことはトゥルチンスキ教授から聞いています。大変でしたね。でもあなただけでも生き延びてよかった」「わたしなんか・・・」「どうしてそんなことを言うのです?ピアノは弾かないのですか?」「えっ?ピアノ?」「そうです。あなたはピアニストでしょ?」「ピアニスト?」「そうです。我々ポーランド人の誇りを一緒に表現するべきです。あなたはピアニストなのだから」「そんな・・・ピアノなんて・・・」

「ドイツ人、ナチスが憎いのでしょう?」「ええ、憎い。家族を殺したドイツ人が憎い」

「気持ちは分かります。痛いほど分かります。でも愛は憎悪に勝つのでは?それは我々ポーランド人、ユダヤ人の誇りでもあるのでは?」「愛は憎悪に勝つ?」「そうです。愛は負けないのです。それをピアノで表現するのです・・・」

「ピアノを弾く気持ちになったら、そうしたら私のところへ訪ねてきなさい。私はいつまでも待っていますよ。ポーランド人ですから・・・」

ルビンシュタインから演奏会に誘われた。でも正直気乗りはしなかった。ピアノなんて過去のものだ。再び弾こうなんて気持ちにはならない。

演奏会のリハーサル、彼女は同行した。その時ルビンシュタインは唐突に彼女に言ったのだ。「客席でどのような音で聴こえるのか確認したい。ジョナスさん、何でもいいので舞台でちょっと弾いて頂けませんか?」「えっ・・・」「私は客席で音を確認しますから。お願いします」

彼女はピアノの前に座っていた。時間が永遠のように感じられた。「ピアノ・・・」

そして弾き始めた。何時間も弾き続けた。

客席でルビンシュタインは同胞のピアニストの誇りを静かに聴いていた・・・

つづく




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top