ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

霧雨 

 

ピアノは他の楽器や声楽と比べて簡単なのか、それとも難しいのか?ド ラという音型があったとする。鼻歌のような声でも、実際に歌うと、ドからラにむかってエネルギーの生まれるのが体感できるはずだ。ラ・・・の時は眉が上がっている顔になっているのでは?反対ということは自然に反する。弦楽器などもエネルギー増幅のような感覚って分かりやすいような気がする。ピアノの場合、押せば子どもでもピアノ未経験者の大人でもドとラはすぐに弾ける。クラリネットなどの場合、そうはいかないだろうね。

ピアノは簡単なのか?押せば出る・・・ここが簡単なところでもあり、難しいところなのではないか?エネルギーの増幅を感じなくても、「あっ、ドとラね」だけでも音そのものは弾けてしまう。何も感じなくても弾くことはできてしまう。ドとラは音というだけではなく、そこには意味があるのかもしれない。

ピアノを習っていると、徐々に難しい曲になっていく。音符が多くなってくる。そこで「押すことができる」=「弾ける」と思ってしまうと、後で苦しむことになる。ドとラはエネルギーが生まれている・・・みたいなことを体感しなくても、意識しなくても先に進めてしまうという難しさ。どこで苦労するのか・・・ということなのだろうか?それだと理不尽のような?

ある程度の曲は一応弾ける、でもなんだかな・・・というのは、ピアノの場合、よくあるのではないだろうか?ドとラのエネルギーとか、感じずに弾いてきてしまったのかもしれない。

歌を聴くといい、よくそう言われる。でもピアノを弾く人はピアノしか聴かないとも言われる。声楽を聴くといいかもしれない。フレーズ処理、エネルギー増減感覚のようなものは、偉大な(優れたではなく)歌手を聴いてみると感じることができるような気がする。「でもいきなりオペラなんて・・・」別にオペラでなくてもいい。「でもいきなりドイツ歌曲なんて・・・」別に知識などどうでもいいのだ。感覚の問題なのではないだろうか?

ピアノは打鍵後、音のエネルギーを増大させることはできない。減退していくだけ。これはピアノの難しさと言われる。歌のように発声してからクレシェンドはできない。そのような効果を出すことはできるのかもしれないが。

音が減退していく・・・これってピアノの魅力、武器と考えてみたらどうだろう?切ない霧雨が降っている・・・のようなイメージ?減退していく音の連なりで切なさだって出せる。

もう一つのピアノの武器は、和音の重なりを一人で表現できること。和音の移ろいのようなもの?これに切ない霧雨効果を盛り込んでいく、これは他の楽器にはできないことだ。

ギターってピアノと、そのような意味で似ているのかもしれない。でもペダルがないから、発音後の音をギタリストは聴きながら演奏していくのだろう。和音と霧雨の魅力、ここはピアノとギター、共通しているかもしれない。

まずドとラを弾いてみる。4度の和音を繊細に出してみる。霧雨のようなドとラを狙った集中した音で和音の上に乗らせてみる。次に属七和音でシソと弾いてみる。エネルギー感覚はどうなっただろう?最後に1度の和音でド・・・と弾いてみる。溶け合っているだろうか?エネルギーはどうなっただろう?ドラ・・・シソ・・・ド・・・という小さなドラマが生まれただろうか?

まずドとラを弾いてみる・・・

kaz




にほんブログ村

スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top