ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

ハイソなお芸術? 

 

バレエは好きだ。でも知識は皆無に近い。僕の最も好きなバレエは「ドン・キホーテ」で、つまり派手な演目が好きだったりする。ミーハーなのかもしれない。ドンキのバジル、是非ワシーリエフの舞台は実際に接してみたい。キトリは誰でもいいが・・・

ニューヨークに住んでいた時にはアメリカン・バレエ・シアターの会員になっていて、バレエは結構観たような気がする。でも基本的にはミーハーなので、スターが出演する派手派手な演目ばかり観ていたような?

帰国後、誘われてバレエを観た。たしかにバレエからは離れていたねぇ。演目は「パキータ」だったと記憶している。外国のバレエ団の引っ越し公演ではなく、日本のバレエ団の公演だった。とても誠実というか、立派な舞台だったように思う。「パキータ」は華やかなバレエだと思ったが、アメリカで体験してきたバレエ鑑賞と比較して、どこか客席の盛り上がりに欠けるような気はした。一応拍手はある。でも「わっ!」「キャッ!」というような客席の盛り上がりがないのだ。

客席もピアノの演奏会などと比較すると、お上品な人が多かったような印象だ。ハイソなマダム・・・みたいな?

アメリカン・バレエ・シアターの公演では、客席の盛り上がりが凄いのだ。凄いのだ・・・と書いたが、僕のバレエ体験はアメリカでのものなので、バレエとは盛り上がるものだと思っていた。でも日本でのバレエは、どこか「おハイソ」であり、客席には静謐な空気さえ漂っていた。まぁ、クラシックバレエだし、芸術だし、それが普通なのかもしれないが・・・

アメリカ人は特に陽気なのだろうか?正直というか?派手な技に対しては素直に反応がある。「ワ~オ!」「キャーッ!」みたいな?芸術に対しての真剣さが欠けているのだろうか?少々軽薄なのか?

でも、日本でも歌舞伎に関しては「盛り上がり」を感じる。僕は「藤娘」ぐらいしか知らない超素人(?)だけれど、贔屓の役者が出てきた時の歓声など、アメリカのバレエファンとそう変わらない印象だ。歌舞伎では正直なのにバレエでは何故?

西洋文化が輸入された・・・みたいなことと関係しているのか?音楽に関しても、ちょっとそのような「おハイソ」な部分もあるような気はするし・・・

「海賊」というバレエは好きな演目だった。まぁ、派手なので。これもオシポワとワシリーエフ。ワシリーエフのアリだったら、これぐらいの歓声は上がるだろうとは思う。それにしても客席盛り上がってるねぇ・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 2

△top

コメント

 

ドン・キホーテ

kazさん、こんにちは(*^_^*)先日は素敵な時間を、どうもありがとうございました。
kazさん、ドン・キホーテお好きだったんですね!この前、kazさんの「ビバ ナヴァラ!」を聴いているとき、まさにわたしの頭の中ではドン・キホーテのバレエの一場面みたいなイメージが浮かんでいました!

ふわふわ #DL0dExLA | URL | 2017/02/27 13:55 | edit

ふわふわさま

「ドン・キホーテ」は好きですね。派手なバレエが好きなんですね。32回転のフェッテとか、何度も見てしまいます。

kaz #- | URL | 2017/02/28 12:27 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top