ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

10パーセントからの生還 

 

一連のカレーラスの歌唱、すべて同じ演奏会のもの。意図的に同じ演奏会の歌唱を張り付けた。たしか、カレーラスが白血病という病に倒れたのは、1987年だったと記憶している。化学療法を行い、そして自分の骨髄を移植していたはずだ。適合する骨髄が見つからなかったからだと思う。生還できる可能性は10パーセントと言われていた。

張り付けた演奏会は1988年のもの。つまり翌年に復帰したときの演奏だ。誰もが再びカレーラスを聴けるとは思っていなかったのではないだろうか?10パーセントだったのだから・・・

舞台に立っているというだけで奇跡ではなかったか?

「グラナダ」は厳密にはスペインの曲ではない。作曲者はメキシコ人のアグスティン・ララだからだ。なのでメキシコの曲ということになる。ララは一度もスペインを訪れたことはない。でも彼は自分の中のイメージだけでスペインそのもの、スペインの「ソル」そのものの「グラナダ」を作曲した。スペインの曲としてもララは怒らないだろうと思う。

歌詞もララのものだ。血の気の多い歌詞というか、恋多き男の歌詞という感じではある。ララは10回の結婚、離婚を繰り返した男なのだそうだ。

10パーセントの確率から生還した歌手が、スペインに憧れたメキシコの恋多き男の曲を歌っている。素敵だなと思う。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top