ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

練習で歌ってみればいいのに・・・ 

 

ある日本人ピアニストの演奏をユーチューブで聴いていた(僕に聴かされていた?)友人がボソッと言った。曲はたしか、ショパンのバラード第1番だったと記憶している。

僕の個人的感想としては、そのピアニストの演奏、速いパッセージ、難所がいきなり「エチュード化」してしまうということ。特に1番のコーダ、難所だよねぇ。音符は弾けているし、はずさないのも凄いが、ピアノと格闘みたいな?

そこで非クラシック人である友人がボソッと言ったのだ。「これ、何ていう曲?」「バラードの1番」「それってラフマニノフの曲?」そこで僕はのけぞってしまったわけだが、その先の言葉にちょっとドキッとしたのも事実だ。

「彼女、歌ってみればいいのにね」「それって、もっとピアノで歌ってということ?」「というか、家で練習している時に実際に声に出して自分が弾く曲を歌ってみれば、こうはならないんじゃない?」

別に音程まで正確に、ショパンの埋め草パッセージをコロラトゥーラのように歌えというわけではない。メロディーを実際に歌ってみるのだ。ラララ・・・と。

これって「素人意見」なのだろうか?

非クラシック寄り聴き手って、色々と気づいているものでは?感じているというか?その原因追及をする欲求も理由もないから言語化しないだけで。自分は弾かないわけだから。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: レッスン

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top