ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

ハンガリーの気骨 

 

中村紘子氏が、かつてジュリアード音楽院に留学した時、基礎からのやり直しをさせられたことは、ご本人も著書などで語っているので、有名な話だと思う。「まあ、なんという才能でしょう!音楽的だこと。でもその弾き方は基礎から直しましょうね」

レヴィーン女史から与えられたのが「ドフナニー 指の教則本」という教材。ハノン、ピッシュナに近い感じだろうか。この本で指の上げ下げから直されたのだろう。

ドフナニー・・・これは英語読みだと思う。ハンガリー人なので、ドホナーニ・エルネーが正しいのだろうが、一般的にはドイツ語読みのエルネスト・フォン・ドホナーニという言い方が一般的なのではないかと思う。この人は大袈裟な表現をすれば、あのシフラの運命を変えた人でもある。子どもだったシフラをリスト音楽院に入学させたのが、このドホナーニなのだ。

「まだ子どもじゃないですか」「規則に反します」

「この子には素晴らしい才能がある。規則とは破るためにあるのだ。入学させなさい!」

これは全く僕の憶測なのだが、シフラ少年への偏見というものも音楽院の教授陣の中にはあったのではないだろうか?シフラはロマの血を受け継いでいる。ドホナーニは、そのような偏見が大嫌いな人だったに違いない。

ドホナーニの息子、ハンスはナチの強制収容所で処刑されている。ユダヤ人ではなかった。でもハンスは反ナチのレジスタンスだったのだ。ハンスは父親、エルネストの精神を受け継いでいたのではないだろうか?

ユダヤ人ではなかった。でも彼は戦時中、ユダヤ人音楽家を匿ったりしていたのだ。命がけだったと思う。当然、エルネスト自身への圧力も強くなっていく。職を失ったり、楽団を解散させられたり・・・

それでもエルネストは愛するハンガリーに留まったのだ。ハンガリーがソビエトの衛星国になった時、そこでやっと彼はアメリカに亡命することになる。失望というものを感じたのではなかろうか?ヨーロッパ、ハンガリーには未来がなくなったと。人間が人間であることが難しくなったと・・・

エルネストはピアニストとしてだけではなく、教師としても素晴らしい人だったのだろう。その門下にはハンガリーの至宝とも言うべき人材が育っている。ピアニストのアニー・フィッシャー、ゲザ・アンダ、指揮者のゲオルク・ショルティ、フェレンツ・フリッチャイ・・・

ゲザ・アンダが演奏するドホナーニ編曲作品。この演奏からは師への尊敬、敬愛、そして受け継いだという誇りを感じる。ドホナーニの編曲からは、音楽への憧れはもちろんだが、人間の感性とか尊厳のようなもの、それを最後まで信じたという、信じたかったという音楽家、人間の信念を感じる。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 好きな曲・好きな演奏

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top