ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

感想教師 

 

サークルの打ち上げなどで、よく各々の練習方法とか話したりする。自分で感じている自身のピアノの課題とか、難所の克服法とか、話題は様々だ。

ピアノ仲間の話を聞いていて、仮に「ん?それはおかしくない?」などと思うことはあっても直接その人に「それって変じゃない?」などとは言わない。まぁ、言わないのが普通だと思う。「私の先生、手が痛くなるまで練習するしかないって言うの」なんてことだったら、「う~ん、それは違うかも」などと言ってしまうだろうと思うが。やはり、自分も含めて、自分の先生のことを他人からマイナス面で指摘されてしまうのは、誰でもいい気持はしないだろう。

人様のピアノブログを読んでいても「ん?それって・・・」と感じることがある。でもご丁寧に「それっておかしくないですか?」などとコメントしたりはしないなぁ。でも総体的印象として自分のブログで自分が感じていることを綴ってみるのはいいだろうと思う。

「ん???」と感じること、サークルにしろ、見ず知らずの方のブログにしろ、ある事に関して「ん???」と感じる。

「どうしてもただ音符を並べてしまう」
「固い平面的な叩くような音しか出せない」
「フニャフニャな音しか出せない」
「練習方法を工夫したり自分なりに頑張っているんだけど、本番までに曲が仕上がらない」

このような悩みを持つ人が多いという印象。でも具体的なアドバイスを先生からもらっていないという人が多いようなのだ。感じるのが、そのような悩み人(?)の先生、どうも「感想レッスン」的なレッスンをなさっているみたいなのだ。打ち上げなどで話していても感じるし、ピアノブログを読んでいても同様に感じる。

批評、感想は言ってくれるのだ。「そこはもっと歌って」とか「この部分がまだ弾けていないから練習して」とか・・・

あるいは、「その部分は~となるべきじゃない?」みたいな曲想、表現についても言ってはくれる。でも、あくまでも感想・・・なのだ。生徒の演奏に対しての批評というか?

「もっと練習して」だけではなく「そこはこのようにここを動かして」のような、もうちょっと具体策が欲しい。「どうしても音符を並べてしまう」のように、表現として今一つと生徒が悩んでいて、でもどうしたらいいのか具体的方法を見出せないでいる時、ただ「歌って~」ではなく「こうなっているからこう聴こえてしまう、こうしてみたら?」みたいな具体策レッスン・・・

これが欠けているのでは?

「あと本番まで1か月しかない。仕上がらないかも・・・」色々と練習方法を工夫する。取り出して練習、ゆっくりと弾いてみる等々。でもどうしても弾けるようにならない。先生の出番ではないだろうか?意外と「練習して」としか言われていない人が多いような印象を持つ。

弾ける、上手い、ここには明確な理由がある。弾けない、硬直してしまう、ここにも理由があるのだ。感想ではなく、どうしてそうなってしまうかの理由が知りたい。

病院に行く。「インフルエンザですね。では安静にして休んで下さいね」

「あの、先生、薬は???」

練習してね、もっと歌って、ここが弾けてない・・・全部「インフルエンザですね」なのだ。そこで放置されてしまっては困るのだ。

ピアノのレッスンで、「先生、処方箋を書いてください」の部分、生徒はもっと要求してもいいのではないだろうか?

先生もテレパシーを持っているわけではないから、生徒が何について悩んでいるのか、察するのが困難なこともあるだろうし、そこはお互いの意思疎通が大切だろうと思う。何も言わずに待ち人生徒になっていて、ただ「何も先生は言ってはくれない」と不満に思っていても・・・

「自分なりに感じているんです。でもどうしていいのか分らないんです。どこがどういけないんでしょう?」
「自分でこのような練習を工夫してみました。でも弾けないんです。どうしたいいでしょう?」

生徒として言ってしまっても先生に失礼ということはないように思う。というより、そこは言わなければならないのではないだろうか?生徒として。

病気を患ったとき、すべてを医師に託してしまう患者みたいじゃないか?自分を守るのは自分であり、医師や医療のヘルプを最大限に活用するのも、また自分なのだ。病気や医師が自分の身体をコントロールするわけではない。あくまでも、そこは「自分」であるのだ。

自分はどのような音楽がしたいのか?そもそも、その部分が曖昧では先生に何を求めればいいのかも曖昧なのでは?理想とするサウンド、そこと実際の自分のサウンドでは差がある。それが普通だ。そこを質問してみるのだ。

「どうしてなんでしょう?」「なんでできないんでしょう?」「なにがいけないんでしょう?」その時、生徒として「本当は私はこうしたいのに」という明確なものがあるかどうかは大切なことのように思う。

あるのだったら、「先生、処方箋下さい」と言ってみてはどうだろう?

ピアノのレッスンとは処方箋を貰いに行くところでもあるのだ。

kaz


にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: レッスン

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top