ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

音の肖像画 

 

アルゼンチンの作曲家、カルロス・グアスタビーノの歌曲に「アネーロ」という曲がある。同じくアルゼンチンのオペラ歌手、ホセ・クーラによると、アネーロとは「息苦しいほど、痛いほどに激しい希望、憧れ」という意味なのだそうだ。「アネーロ」はグアスタビーノの代表的歌曲、「バラと柳」とか「鳩のあやまち」といった曲と比べると、地味な感じの曲ではある。素朴というか。グアスタビーノは詩に惹かれたのではないだろうか、この詩はグアスタビーノの人生そのものといった詩だから・・・

「アネーロ」(切望)  : 詞 ドミンゴ・セルパ

私の人生を村の灯火にしたい
村の農夫か
学校の先生になりたい

もし農夫なら
星が私の菜園を照らすように
もし先生なら、浅黒いいくつかの顔に
微笑みがあるように

私の菜園は谷間にあるように
私の学校は谷間にあるように
たとえ山の上の我が家には
屋根も扉もなくても

私の人生を村の灯火にしたい
昼には何も照らさず
夜には星になる

グアスタビーノは無名の作曲家というわけでもなかったように思うが、実に素朴というか質素というか、そんな感じの人だ。一生独身だったらしく、私生活については、あまり分ってはいないらしい。ずっとブエノスアイレスの32平米のアパートで暮らしていた。32平米・・・日本のワンルームマンション、あるいは1DKという感じだろうか?その小さな部屋にはアップライトピアノがあった。でも音があまり鳴らないように、ハンマーにパッドをかぶせていたらしい。

「だって・・・ピアノの音が近所迷惑になるから・・・」

グアスタビーノ、歌曲も素晴らしいが、ピアノ曲もいい。僕の最も好きなグアスタビーノのピアノ曲は「私の友達」という10曲からなる連作ピアノ曲。どれも楽譜はシンプル。バイエル中ほどでも弾けるかもしれない。

私の友達・・・サブタイトルに、若いピアニスト達のための音の肖像画・・・とある。つまり、ピアノを習っている子ども達を音で描いた作品。10人の子ども達、実在の人物である。ブエノスアイレスでピアノを学ぶ少年少女をカルロスがあたたかく見守り、包み込む・・・といった風情が感じられる。

「アラングレン通りのフェルミーナ」 このフェルミーナちゃんは実際に作曲家となった。


「フェルミーナ・・・君はピアノが好きなんだね?」
「ええ・・・大好き。でも・・・」
「でも・・・なんだい?」
「カルロスさん、笑わないでね。ピアノ好きなんだけど、ときどき音楽って哀しく感じたりするの。泣いちゃったりもする」

「カルロスさん・・・私って変かな?」
「いや、変じゃない。全く変なんかじゃない」
「カルロスさんも音楽で哀しくなったりする?」
「するよ・・・僕はいつも泣いている・・・」

「音楽って哀しいのね?」
「うん・・・そうだね。哀しいから美しい・・・」

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 秘曲

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top