ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

サルデーニャのピアソラ 

 

ロベルト・ピアナの作品、そして演奏で悩殺(?)されたのが、まずピアソラだった。

ロベルト・ピアナ、1971年、イタリア、サルデーニャ島サッサリ出身。

「あなたはピアニストですか?それとも作曲家ですか?」この質問はピアナにとっては、もしかしたら答えようのない質問かもしれない。「音楽家です」と答えるかもしれない。モーツァルトやリストに同じ質問をしたらどうだろう?おそらく同じかもしれない。考えてみれば、演奏と作曲との完全分業なんて、つい最近のことなのだ。なんとなく、ピアニストは楽譜を読んで音にしていって・・・のようなことが普通に思えるし、それしかできなくても、それでもピアニストだとされてしまうけれど、ピアナのようなピアニストが昔は普通だったのだ。

幾光年も昔のことだが、ある音楽教室に関係していたことがある。隠す必要もないので書くが、ヤマハ音楽教室。むろんピアノを教えていたわけではないが。そこの生徒たち、ピアノが弾けないんだね。「10年通っていました」という割には、弾けない。弾けないというより、楽譜が読めない生徒が非常に多かった。まずはグループレッスンで音体験、音のシャワーを浴びてしまう。いいことだとは思う。でも読譜の苦手な生徒が続出・・・

僕自身の経験から、読譜が苦手(できない?)だと練習ができない。何をしていいのか分らないんだもん。「少しは練習してきてね、お願いだから。練習しなきゃ弾けないのよ?」「練習って???」みたいな?僕はヤマハ音楽教室ではなかったけど、楽譜は読めなかったね。自分一人で音の世界遊びをする(つまり即興で遊ぶ)のは好きだったが、簡単な曲さえ弾けない。読めないから。

むろん、ヤマハっ子も凄い子になれば、即興の天才、●歳でこんな曲?・・・みたいな天才児的な子もいただろうし、中には普通に(?)弾ける子もいただろうが、実体験としては「弾けない子多し・・・」という感じ。当時、社員として「保護者はたまらないだろうなぁ・・・」などと他人事ながら心配したりもしたな。

なので「読譜」は大切・・・だとは思う。ピアノ教師ブログでも、そこを強調している人も多い感じだ。それはそうだと賛同する。読めないと練習できない。練習以前の問題というか・・・

楽譜が読めないと「ピアノって、お家での練習が大切なんです」大切なこの部分が、最初から崩壊してしまう。なので読譜・・・

では読めればいいということなのだろうか?一つ一つの音符を読んでいく?そうなのだが、もっと大きく楽譜として捉える必要もあるような気がする。一つ一つ読んで「ハイ、半ページ読みました、今日はここまでです」的な読譜ではなく、音楽全体をワーッと読んでしまう。

僕の読譜というか、練習というか、ピアノ仲間に驚かれる。「まずは最後まで両手でワーッと弾いてしまう」非常に驚く。驚かれることが僕には驚きだ。埋め草的パッセージは、むろん練習しなければ弾けないが、和音の進行とか、ざっくりと掴んで弾いてしまえばいいのに・・・細かなところは取り出し別練習、別メニュー。最初は、まず音楽としてざっくりと・・・

ラフマニノフやショパンの大曲、近代のスクリャービン等々・・・パラパラとそつなく弾ける人が、意外と「メリーさんの羊」を移調して弾けなかったり、シンプルな主題をもとに、なんちゃって即興さえできなかったりする。これって不思議だ。でも「音を一つ一つ読んでいくのです」的練習しか経験がなかったらできないのかもしれない。曲(音符)は弾けるけど、音楽としての起承転結というか、まとまりというか、直感的に楽譜からつかめない・・・音そのものは弾けるけど・・・みたいな?

ヤマハの弾けない子、読めない子、音符しか捉えられない子、音符を音にするのがピアノ演奏だと思っている人、なんだか両極端なような気がする。中間・・・でいいのに。即興名人にならなくてもいいいのだ。でも・・・

このような日本のピアノ教育の特徴と作曲と演奏とが完全分業してしまったことと、何か関連はあるのかもしれないね。

ピアナのピアソラ、これは演奏が素晴らしいの?それとも編曲がいいの?「音楽として素晴らしいのでは?」彼にとって演奏と作曲との境目はないのかもしれない。音楽家だから・・・音楽をしているのだから。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: ピアニスト

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top