ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

愛の讃歌 

 

アントニオ・ポンパ=バルディのCDでお勧めのCDがある。プーランクの歌曲をアントニオがピアノ独奏用に編曲、エディット・ピアフのシャンソンをロベルト・ピアナがピアノ用にしたもの、このCDは素晴らしい。僕は日本のアマゾンで購入したので、比較的簡単に手に入るのではないだろうか?在庫切れかもしれないが・・・

ここで演奏しているのは、ロベルト・ピアナのエラボレーションによる「愛の讃歌」で、歌うようなピアノを満喫できる。

CDのタイトルは「The Rascal and the Sparrow」

「リストを読んで」も、この「愛の讃歌」も、もちろん演奏者であるアントニオ・ポンパ=バルディも素晴らしいのだと思うが、ロベルト・ピアナという人に、より興味を持ってしまうところだ。

基本的には、作曲家、編曲家、兼ピアニスト・・・ということになるのかもしれない。でも昔の作曲家はピアニストでもあったわけで・・・

昔のピアニストは自分の作品を演奏し、自分で編曲も普通にしたわけで・・・

次回より、ピアニスト、ロベルト・ピアナを紹介していきたい。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 秘曲

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top