ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

初心者にラ・カンパネラは弾けるのだろうか? 

 

男性だから、女性だからと、あまりにも分けて考えてしまうのは、もうこれは時代遅れだろうと思う。CDや演奏会の批評で、こんな表現は今でも存在するのだろうか?「細やかな女性らしい配慮のある演奏だった」とか・・・

たしかドナルド・キーンの著作だったと思うが、性別と演奏との関係について綴った文章があった。氏はラジオでシベリウスのヴァイオリン協奏曲を偶然に聴く。「これは私が聴いたことのない演奏だ」その演奏は、美音であり、圧倒的な上手さと共に、どこか女性らしい細やかさもあった。「誰だろう?女性の演奏だと思うが・・・」演奏者は、ピンカス・ズーカーマンだった。アルゲリッチとフランソワのショパンのソナタ2番を例にし、どちらが男性的とか女性的など演奏から性別を認識するなど不可能ではないかとも書いている。

僕もそう思う。演奏から性別を判断するなんて不可能だし、男性的とか、女性らしい表現なんて、そもそもあるのか?何かを感じるとしたら、それは性別の差ではなく、個人の差なのでは?

東京には「ディスクユニオン」という中古CDの店がある。別に安くCDを買いたいから通うわけではない。いわゆる「掘り出し物」と遭遇したいから時間のある時に寄ったりするのだ。でもここで女性の姿を見かけたことはない。たまたまなのかもしれないが。売り場には男性、しかも中高年の男性が圧倒的に多い。ここは男の世界なのか?

逆に女の園・・・のような店もある。例えば、ヤマハ銀座店の楽譜売り場とか。もうここは圧倒的に女性の世界だ。中高年の男性など、「この人何?」的な視線を感じてしまうのではないだろうか?なんというかフリルの世界?子ども用のピアノ教材とか、月謝袋とか、ピアノ関係グッズとか、「ワッ!」「キャッ!」の世界だ。男子禁制フロア?たしかに中年男性が「ミッキーと一緒にバイエル」なんて楽譜を小脇に抱えていたら怪しいのかもしれない。

「ショパン」のようなピアノ雑誌も、なんとなくターゲットとしては女性なのではないかとも感じる。イラストとかレイアウトとか。

ピアノ教室とか、ピアノサークルとか、男性の姿も昔よりは増えたのだと思うが、やはり圧倒的に女性が多い世界なのでは?ピアノを再開する頃、ピアノ教育というものに興味があり、結構セミナーなるものに参加したことがある。ここも女性の園だったねぇ。「ねぇ、その楽譜ってここで購入できないの?」とか「次回のセミナーなんだけど・・・」とか、いきなり質問されることも多かった。楽器店の人と思われたのだと思う。それほど男性ピアノ教師のセミナー参加は少ないのだろう。ヤマハなどの楽譜売り場でも店員に間違えられることがあった。「ねぇ、○○という教則本ってどこにあるの?」みたいな?ピアノ教師って楽器店の人には敬語を使わない人が多いような印象さえ持ってしまう。

実際に存在するのかは分からないが、「ブルックナー愛好会」なるものがあったとして、そこはなんとなく男性が多いような気がする。「アルカン全曲制覇サークル」なんてあったら、やはり男性が多いような気もする。

男ってディープなのだろうか?違う言葉だと「オタク」っぽい?本来、女性も男性も同じで差はないのかもしれないが、「表し方」というか「取り組み方」のようなもので、性別というものも存在してくるのだろうか?

あるピアノ曲に惚れてしまった。猛烈に弾きたくなる。「ピアノ弾こう・・・」となるわけだが、女性は段階という手順を外さない人が多いのかもしれない。「とても弾いてみたいけど、基礎も大事。まずは初級からスタートよね。教本をこなして、それからだわ。焦っても弾けるわけではなし・・・あの曲が弾けるんならチェルニーだってハノンだって頑張るわ」

ここで猪突猛進というか、ピアノ未経験でも、いきなり「その曲」に取り組んでしまう、もうこれは男性の方が多いのでは?目的は「その曲」で、とにかく弾いてみたい。回り道など考えない。効率的な練習方法とかあまり考えず、とにかく愚直なまでの練習を繰り返す。「あっ、つっかえちゃった、また最初から・・・」みたいなことを延々を繰り返す・・・

50歳を超えた男性がこう言ったらどうだろう?「ピアノは弾いたことがないです。経験ないです。でもリストのラ・カンパネラという曲を聴いて感激しました。いつか僕にも弾けるでしょうか?こんな僕でも練習すれば弾けるでしょうか?どうしても弾いてみたいんです」

この問いへの最も適切な答えは「ラ・カンパネラ?いい曲よね。憧れるわよね。でもとても難しい曲でもあるの。いきなり・・・はどうかしら?まずは基礎を身につけて、より簡単な曲から弾いていくのがいいんじゃない?50歳からでも遅くはないと思う。ピアノって子どもだけのものではないしね。でもハノンとかチェルニーとか、やった方がいいと思う。あなたの場合、全くの未経験なわけだから、バイエルから始めたらどうかしら?」だと思う。バイエルでなくてもいいだろうし、チェルニーでなくてもいいのかもしれないが、段階とか手順というものを優先する。

でも、その人のラ・カンパネラへの灯は何年続くだろう?あまりにも遠い道のりに圧倒されてしまうこともあるのでは?「ああ、やはり無理なんですね」となってしまうこともあるのではないか?これって子どもがピアノに挫折する理由の一つなのでは?今やっていることが自分の将来図に結びつかない、結びつけても、それが自分にとって魅力あるものに感じない。

このままピアノを続けていいことでもあるのだろうか?嫌い・・・ではないけれど。辞めようか・・・

この動画の男性、52歳からピアノを弾き始めた。「どうしてもラ・カンパネラが弾きたい!!!」全くの未経験者。約3年間、憧れの曲だけを練習し続けた。「弾いてみたい」という気持ちがそうさせた。

クリティカルに聴けば「ああ、あそこはこうした方が」とか「そこはこう弾けば楽なのに」とか、いろいろとあるのだろう。でも未経験者、それも50歳を過ぎてからでも「弾ける」という事実は確かに存在している。

この場合、この男性が、さらに違う曲に憧れた場合、たとえばショパンのバラードとか?その可能性も充分にあるだろう。その時、また一から愚直なまでの練習をして弾けるようにするのだろうか?それも大変だろう。なので基礎力はあった方がいい。効率的にピアノの世界に入っていけるだろうから。

でも「素晴らしいことじゃない?」と、このラ・カンパネラを聴いて感じるのも事実だ。僕が男性だからだろうか?オタクっぽいからだろうか?

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 世界のピアノ仲間

tb: --   cm: 2

△top

コメント

 

すごい!!

> 「アルカン全曲制覇サークル」なんてあったら、やはり男性が多いような気もする。
ぶほっ。。(茶フイタ)

そうですね。アルカンもだけど、全曲制覇なんてのも、男性的ワードかも…
(私もアルカン弾くけど弾きたい曲は少ない)

ところで、ラ・カンパネラの動画みて感動しました。想像したのよりはるかによくって、十分音楽になってますよね。ほんとすごいと思います。これだけ弾けるなら「これ」と思って突き進んだ甲斐もあるんじゃないかな…

突然「コレ」が弾きたいというのでよく聞くのは英ポロ、そしてラ・カンパネラですかね。

私は英ポロにもラ・カンパネラにも興味ないけど、基礎とばしていきなりやりたい無謀曲から弾く派(どんな派)です。男性でもオタクでもないけど。人生いつまでピアノ弾けるかわからないし、まぁやりたい曲から手をつけていくほうが基礎からやるより早道だし楽しいと思ってます(特に他人の同意は求めない)

アンダンテ #WDOkdukc | URL | 2016/12/29 10:55 | edit

アンダンテさま

3年・・・年の節目だから思うのか、今までの自分の過去3年を振り返ってみる、それ以上のスピードで、これからの3年は過ぎていくのだなぁ・・・などと愕然としたりします。あっという間なんでしょうね。

この人、3年で結果を残しているのがすごいです。

いくら憧れの曲でも、定型コースというのか、教材というのか、それをこなしてから・・・なんて思っていては、憧れに辿りつく前に死んでしまうかもしれません。

kaz #- | URL | 2016/12/29 19:44 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top