ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

久々のフィギュアスケート 

 

演奏を聴く時、現代の話題のフレッシュ組を聴くよりは、僕には往年の古い録音を好む傾向がある。フィギュアスケートの演技も同じだ。世間では人気選手の動向が注目されていても、ネットで70年代や80年代の選手の演技を、ウットリと眺めていたりする。

最近のフィギュア競技会のテレビ放送は騒がしいというか、せいぜい最終グループしか紹介しないというところもテレビ観戦から離れてしまった理由だ。優勝争いに加わらない選手の演技も観たいという気持ちがある。その点、昨日の全日本の女子シングルは、とても良かった。

なぜテレビ観戦から離れてしまったのだろう?おそらく採点システムが変わり(随分昔のことだが)、最も好きなアイスダンスの演技が、なんだか変わってしまったことが理由。もう一つの理由は、僕は韓国のユナ・キム選手の演技に惹かれていたこと。

バンクーバーオリンピックの頃、「ユナ・キムが好き」などとは言えない雰囲気が日本にはあった。浅田選手とキム選手のファンがネットで中傷合戦のようなものを書いたりもしていて、そんな雰囲気もイヤだった。

今回、久々に全日本選手権(女子シングル)の放送を観て、思ったこと。

振付師の存在が大きいなぁ・・・ということ。振付師で印象に残ったのが、ジェフリー・バトル、そして佐藤有香。若い選手の長所を引き出していたのではないだろうか?選手の幼さではなく、少女しか持てないような純真さを表現していた。

もう一つが浅田選手。全盛期を過ぎた・・・みたいな書き方をされることもあるらしいが、僕は逆に進化しているのではないかと感じた。バンクーバーの頃、たしか浅田選手はルッツとサルコウを回避していたと記憶している。ルッツはエッジエラーを恐れたのかもしれない。ジュニア時代から、個人的には彼女のルッツは気になっていた。「これ、ルッツじゃないよね」と。

コーチを佐藤信夫コーチに変えて、基礎技術のすべてをやり直したのではないだろうか?今回、アウトサイドを保ったまま彼女がルッツを跳んだ時、僕の体に戦慄が走ったね。サルコウ、むろん転倒はしないほうがよかったのだろうが、回避せずにプログラムに取り入れ、ダブルにせず跳んだ。この時も戦慄が走った。転倒に感動するなんて変だろうか?

「基礎からやり直しましょうね」エッジの癖を修正する、つまりそういうことだ。難曲もサラリと弾ける、コンクールで賞も総なめ、そのような人が「その弾き方、全部直しましょう・・・」かなり辛いことではないだろうか?それを浅田選手は、やった。なので僕はバンクーバーの頃よりも進化していると思うのだ。世界女王まで登りつめた人が「基礎からやり直しましょうね」をやって、実践してみせたのだ。

体幹、手先、腕の動かし方が素晴らしい、それも浅田選手の素晴らしさのように感じた。若手が台頭してくる、そして3L-3Tなどのジャンプを軽々とこなす、採点競技だから、3Aを失敗してしまうと、浅田選手は辛いところもあるだろうが、表現として素晴らしかったのではないだろうか。時に、若い選手の動きは、「このように振り付けされているから、そのように動かしています」のような残念な感じの印象を持ってしまうこともある。でも浅田選手はすべての動きが表現となっていた・・・

おそらく、上位に入った若い選手たち、浅田選手に対して「どうしてあんな風に滑ることができるのだろう?」と尊敬の念を抱いているのではないだろうか?

全日本観戦の後、ネットで偶然に見つけたのが、同日行われたロシア選手権のネット配信。「ロシアはレベルが高い」というのが正直な感想だ。日本女子も相当なレベルだが、ロシアは今、凄いことになっているのではないだろうか?なんとなく、ピアノ演奏と共通のものを感じてしまった。日本の弱点、課題というか?

それぞれのエレメンツは素晴らしい。ジャンプやスピン、そこだけ取り出してみれば素晴らしい。でも、全体印象として、日本の選手は、時に「体幹が棒」「手や腕が棒」のような残念感がある。ピアノもそうなんだよね。3Dではなく、どこか平面的。スケートとピアノ、なんだか共通したものを感じてしまった。

ロシア選手権、優勝したのは、もちろん世界女王であるメドヴェーデワ選手、いつもながらの出来栄えだが、今回3S-3T-3Tを披露している。最後のジャンプは、おそらく点数としてはノーカウントだと思う。彼女はザヤック違反みたいな計算ミスをするような選手ではないと思うし、昨日もノーミスの演技だったので、おそらく「余裕があるので点数には関係ないけど跳んじゃった」みたいなことだったのでは?見せつけ???

最も印象深かったのは、2位になったアリーナ・ザキトワ選手。まだ14歳ということだ。ジュニア???

なかなかジャンプを跳ばないんだよね。ジャンプはプログラムの後半に組み入れている。その方が点数が高いから。高難度のジャンプ、手を上げて跳んでいる。いわゆるリッポン式。メドヴェーデワ選手などもそうだが、より凄みを感じさせる跳び方だ。

でも、体幹や手、腕の使い方が日本の選手と違う。そこが最も違う。

久々にフィギュアスケートを観た夜。久々にフィギュアスケートとピアノ演奏とを結びつけた夜・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: The Skaters

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top