ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

なんとなく表現 

 

ピアチェーレの演奏会、僕の演奏した曲の中で評判の良かった曲がドヴォルザークの「ユーモレスク」だった。評判が良かったというのか、共通した感想が多かった。「ユーモレスクがこんなにいい曲だとは思わなかった」「こんなふうに演奏することもできるんですね?」のような・・・

幼い頃よりフリッツ・クライスラーのヴァイオリンには親しんでいた。なので、僕には彼の演奏が染みついているということもあるのだろう。以前から、ユーモレスク、特にピアノで演奏した場合、何故に弾むように弾くのだろう?あっけらか~んと楽しそうに弾くのだろうという疑問は抱いていた。楽譜にはそのような指示はないのに。

「こんな曲だとは思いもしなかった」という言葉から考えると、ユーモレスクという曲は、定型パターンのような表現のようなものが、人々に定着している曲ということなのだろうか?

なんとなく多くの人がそのように弾いているので・・・みたいな?

超有名曲にその傾向があるかもしれない。ショパンのバラードの1番とか、割と考えなしに、「皆がこのように弾いているから」的な演奏も多いような?

個人的には、このような「なんとなく表現」というものの多い曲というと、いわゆる「受験生曲」のような曲。古典派のソナタとか。あとは発表会御用達曲のような曲を連想する。ランゲの「花の歌」とか。このような曲って、素敵・・・というような演奏よりは、パキパキ系というか、しっかり系の演奏が多いような?

例えば、ユーモレスクを演奏する、もしくは指導するという場合、ピアノのサウンドであれば、イグナツ・フリードマンのような演奏を聴くというよりは、そのへんの(?)「発表会用CD」とか「全音ピアノピースCD」のようなものを聴いてしまう?クライスラーなんてヴァイオリニストだから聴かないのだろうか?古そうな人だし・・・

フォスターの歌曲も割と「なんとなく表現」が多いような気はする。マリリン・ホーンのようなクラスの歌手となると、さすがに深い声で素晴らしく表現しているが、全体的にはクラシックの歌手よりは、それ以外のジャンルの歌手の方が「なんとなく表現」「決まりきった表現」ではない幅広い歌唱が多いように思う。多くのクラシックの人のフォスターって発声法の関係なのか、伸びやか、牧歌的、平和的、品行方正で、ちょっと退屈。「長調の曲ですね。明るく表現しましょう」みたいな取り決めでもあるのだろうか?

サム・クックという歌手。この人のフォスターは「なんとなく表現」ではないように感じる。サム・クックなんてクラシックファン、クラシックピアノを勉強(?)している人は聴かないのかもしれないが、素晴らしいと僕は思う。この人、わずか33歳で亡くなっているんだね。拳銃で射殺されている。

「金髪のジェニー」は「夢見る人」と同様、妻のジェーンを想って書かれた曲だ。別居して数年後の曲。時期的に辛かった時期ではなかろうか?去ってしまったジェーンへの想いが切々と歌われる。


「金髪のジェニー」

明るい茶色の髪、ジェニーを夢見る
きらめく小川で軽やかに舞う
ヒナギクのように幸せな姿

夜明けのジェニーの笑顔
過ぎ去りし彼女のメロディー
叶わなかった甘い期待・・・

雨の日にはむせび泣く
ジェニーを想う 輝くせせらぎに彼女の姿はない

ジェニーを想いため息ばかり
微笑みは消え去り甘いメロディーも空へ消えていく

かつて私たちを楽しませ消えていった夢が頭をよぎる
夏の日の空気に漂う霞のように・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 2

△top

コメント

 

川島 卓と申します。
バリバリのクラオタですがブルースファンでもあります。
イヴァン モラベッツやセルジオ フィオレンティーノのことでこちらにたどり着きました。
以来楽しませていただいています。
クラシックが天才が最高に推敲を重ねたものであるのに対し、ブルースやソウルは瞬時の衝動や日常を捉えたものです。
私はそのどちらにも惹かれる。
ただどちらも生き生きとした心の動きがなければ音楽にならないのは共通しています。
クラシックを聞く人はクラシックしか聞かない、普通の人はクラシックを聞かない、そのどちらもがもったいないですよね。

P.S.私が大好きなシンガーである町田謙介が先日、新潟に来て行ってくれたライブの映像を張り付けさせて頂きます。

https://youtu.be/0yUxSWUfTlc

私がyoutubeに上げました。
お時間があったらどうかご覧になられて下さい。

すーさん #- | URL | 2016/12/07 22:16 | edit

川島さま

生き生きした心の動きはなければ音楽にならない・・・僕もそう思います。

「音楽にジャンルはない。いい音楽と悪い音楽があるだけだ」これは誰の言葉だったでしょうか?デューク・エリントンあたりでしたでしょうか?

kaz #- | URL | 2016/12/09 08:00 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top