ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

今年のピアチェーレ終了 

 

第4回ピアチェーレの演奏会、終了しました。お越し下さった方々、ありがとうございました。現在、沢山のプレゼントに囲まれています。お菓子が多かったので、すぐに食べてしまいますが・・・

自分の演奏直後に抱く感想としては、多くの人がそうだと思うけれど、「もう少し冷静でいられたら、あのアクシデントにも、もっと冷静に対処できはず」「練習の時はもっと上手く弾けていたのに、本番でのあの演奏が自分のすべてと聴いていた人に判断されてしまうので、なんだか残念」みたいなこと。この思いは、ある意味自然なものだとも思う。フィギュアスケートの競技会などでも、直前の練習では跳べていたジャンプを本番では転倒したりする。「さっきまで、あんなに軽々と跳べていたじゃないの?」みたいな?それが普通なのだろう。本番特有の何か・・・はある。

「演奏というのはね、自分がどう弾けたのかは関係ないの。聴いている人がどう感じたかが大切なの」この原智恵子の言葉はごもっともだと思うが、やはり演奏した本人にとっては「どう弾けたか」という部分においての後悔、反省点は重く圧し掛かるものだ。でも、ここである程度、その思いとの距離を持ってみるのも大事だろうと思う。あまりに「今度はミスなく弾けるように」とか「今度は失敗しないように」と、そこばかりに重点を置くのも、やはり違うだろうから。ミスのない演奏=魅力的な演奏ではないのは、知っているわけだから。

バランス感覚・・・なのだと思う。「演奏ってミスがあっても人がいいと思えばいいわけでしょ?ミスの有り無しよりも感動よ、そうよ、そうだわ!」と、あまりにここにシフトしてしまうと、今度はネジのゆるんだような、緊張感が皆無のような演奏になってしまう可能性もある。

人の演奏に聴き手として自分は何を求めるのか、これを自分にも当てはめてみればいいのだと思う。意外にこれは難しいものだ。

演奏直後は特に自己肯定のバランス感覚が難しくなるように思う。誰でもそうなのかもしれないが。

ここまで書いて、お気づきだと思うが、昨日のピアチェーレの演奏会、個人的には自分の演奏に関して、あまり満足できてはいない。「今回は集中が持続せず、今一つだったかな・・・」と。でも聴いてくれた人たちの感想は、僕のそれとは、また違ったものも多かった。今までは、自分の出来栄えという観点だけで終わっていたところもあったが、これからは聴いていた人の感想も自分なりに、どうしてそう感じてくれたか、思われたか・・・と考えてみようとも思う。まぁ、ここもバランス感覚が必要だと思う。

第5回、来年のピアチェーレの演奏会は11月18日(土)の予定。会場は同じく雑司ヶ谷音楽堂になる。「来年は何を弾こうかな?」という瞬間が一番楽しい。

本番直後に元気をもらえる言葉がある。バーブラ・ストライサンドの言葉。


「経験とか芸歴とか関係なく、今、この瞬間の自分を最も素敵にみせること。そして楽しむこと」
                                           バーブラ・ストライサンド




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: ピアチェーレ

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top