ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

103歳のワルツ 

 

意外かもしれないが、僕はお菓子作りをしたりする。自分で「意外かもしれないが」と書くところに、僕自身が「~と思われるのでは?」ということを意識してしまっているということなのだろう。「男、それも中年の男がお菓子?気持ち悪い」と思われたくないために、予防線として「意外かもしれないが」などと書いてしまうんだね。正直なところ、お菓子作りに男も女もないと思っている。

お菓子・・・といっても、たかが焼き菓子だ。凝ったものは作らない。練って焼くだけのパウンドケーキとかスコーンとか。夜中に焼いたりしていると、オーブンの前で無我の境地に近いものを感じたりする。ストレス発散かな。

お菓子は料理と異なり、一種の化学反応なのだという。大雑把、適当に・・・というわけにはいかない。なのでレシピ本は必要になる。でも思うのだ。まだまだお菓子作りとなると女性のもの、世間ではそのような認識なのだろうと。どうも、お菓子レシピ本は料理のそれと比較し、「花柄」「パステルカラー」満載なのだ。ピンクのハートのイラストが眩しい?

「ブルーベリーを練りこむことで、あなたも可愛い奥様から、できる奥様へ・・・」みたいな文章が普通に書いてあったりする。ヒラヒラのフリルのエプロン姿を想定している?

これって男女差別では?そこまで厳しく思わないにしても、可愛い奥様なんて書かなくてもいいと思う。女性=可愛いスイーツ、男性=豪快な野外料理・・・みたいな分け方は少し強引かも・・・とは思う。

78歳の女性がピアノを習いたいと言ってきたらどうするだろう?さすがに「ピアノは子どものころから訓練しないと弾けるようにはならないですよ?」と、つまりその年齢ではピアノは無理ですよと言う教師はいないだろうと思うが、でも教材とか選曲、つまりどのようなスタンスでということになると、色々とでてくるのではなかろうか?むろん、ピアノ経験が過去にあるか、完全に初心者なのかでも異なるだろうが、もし本人の希望が「多少大変なのは覚悟しています。でもピアノを素敵に奏でられるようになりたいんです」という希望を持っていたら(そう思っていても正直には言わない可能性もあるが)どうするだろう?

「そうねぇ・・・唱歌とかお弾きになれればいいのでは?」そう言ってしまったら、それは年齢差別になるだろうか?「楽しく弾ければいいのでは?」そう言ってしまったら?

「差別である!」と、これもそこまで厳しく思わないまでも、78歳からでも上達できる、人の心を奪ってしまうような演奏をすることはできる・・・そのような可能性は奪ってしまうことにはなるのでは?

「幼いころ少しだけ弾いていました。でもブランクが60年あるんです。それでもショパンを素敵に弾けるようになりたいんです」できるだろうか?できないだろうか?

決めるのは教師ではなく、この場合生徒なのでは?

女性にできて男性にはできない、あるいは難しい、若者にできて年配者には難しい、そのようなことって意外と少ないのでは?なんとなく多くの人がそう思っているだけで・・・

この女性は、103歳なのだそうだ。78歳だったら、あと25年もあるね。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 音楽自立人、音楽自由人

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top