ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

何もない形がジュニアすぎる 

 

フィギュアスケート、昔から惹きつけられる選手は、ジャンプなどの各エレメンツの熟練度に加え、「つなぎ」が上手だとされていた。今現在の競技会を、たまに観てもそれは感じる。変わっていない。
各々のエレメンツは、まあまあなのに、どうも観ていて退屈な演技というものはある。大きな失敗、転倒があるわけでもないし、高難度の4回転ジャンプも降りているのに、心のどこかで「早く次の選手の演技にならないかな・・・」と。

振付師がこの動画で指摘するように、惹きこまれない演技は「溶け込んでいない」ということがあるのだろう。「はい、ジャンプ、スピンをこなしました。次はつなぎです・・・」という分断された動きではなく、全てが溶け込んでいなければならない・・・

これはピアノ演奏にも当てはまることのように思う。聴き手は全体印象で判断するところがある。むろん、パフォーマンスって、その瞬間の技を観たり、聴いたりしているのだが、聴き手は分断して聴いたりはしない。「さあ、次のオクターブ連続は?」とか「跳躍はどうかしら?」という聴き方ではなく、一つ一つが溶け込んでいる演奏に惹かれたりするものだ。

演奏者の技量というよりは、演奏している時の心の中身、というか頭の中身が出てきてしまうのかもしれない。むろん、本番、舞台の上では「押さえどころ」みたいな箇所はある。失敗しやすい個所とか、難所とか。でも、あまりに自分中心主義で「練習の時は弾けたのだ」とか「練習の時と同じように弾けますように」みたいに、分断的発想で演奏してしまうと、ついつい「今、自分はどう弾けるか?」というところに意識が集中しがちだ。「次、苦手なんだよな・・・」「ああ、なんとか無事通過・・・」「今はつなぎの部分で~す」みたいな印象が聴き手に伝わってしまう。

溶け込んでいない・・・分断されてしまっている・・・

「何もない形がジュニア(レベル)すぎる!」この言葉、ズシンと響いてしまった。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: The Skaters

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top