ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

パリの香り 2 

 

フィレンツェ時代の原智恵子の教えを受けたピアニストに中井正子がいる。彼女は当時藝高に在学中だった。「感受性の高い若いうちに留学した方がいいわ。私はパリ音楽院がいいと思う」この原智恵子の言葉が大きかったのだろうか、中井正子はパリに留学するのだ。勇気あるなぁ・・・などと思う。

彼女がフィレンツェの小さなサロンコンサートで演奏した時、原智恵子は聴いていた人々に「ねぇ、あの子の演奏はどうだったかしら?」と尋ねていたという。「私は原先生の意見だけ訊ければいいのにな・・・」そのことを伝えると、原智恵子はこう言ったのだと言う。「あなた、演奏家というのはね、人がどう感じたのか知らなければいけないの。人がちゃんと聴けているかとか、正しいとか正しくないとかは関係ないの。自分が弾いたものに対して相手がどう思ったのか知っておきなさい」この言葉は演奏というものについての本質を突いていると僕は思う。

デュオ・カサド、つまりガスパール・カサドの共演者として、原智恵子はヨーロッパ中で再び活躍することになる。カサドの教えは相当厳しかったらしい。彼の要求に応えられるようになるまでには数年を要したと・・・

マダム・カサドとしてヨーロッパ音楽界、社交界の華として君臨することになる原智恵子。当時、時折日本でも演奏することはあった。先のショパンの協奏曲も日本での演奏だ。これは想像だが、日本の楽壇の重鎮たちの態度も変化していたのではないかと。かつては「生意気な女」として排除することができたが、今は、あの大物、カサドの夫人、マダム・カサドなのだ。手のひらを反したような扱い・・・とまではいかなくても、その変化を原智恵子は感じとっていたのではないかと。彼女が日本を本当の意味で見限ったのは、その時ではなかったかと・・・

「夫や子どもを捨てた鬼女」そのように日本では言われていたが、離婚の真相は夫の女性関係にあったらしい。その辛さをカサドに伝えると、彼はこう言ったのだ。「じゃあ、僕と結婚する?」と。厳しい音楽家としての夫、愛情を注いでくれた夫でもあったカサド。

「61歳まで独身を通してきた私は独身主義者だと思われてきました。この度の結婚について世間が驚くのは無理のないことだと思っています。でも世間が驚く以上に私がチエコを知って驚いたのです。チエコが結婚の優しさを私に教えてくれました。もう20年早かったら・・・と残念に思います。チエコが私の最初で最後の恋人であり、妻であります」  ガスパール・カサド

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 開拓者

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top