ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

音楽ってサウダージ 

 

「私って人生の勝ち組!ホホホホ・・・」と自覚している人ってどれくらいいるのだろう?高級住宅地に住み、夫は官僚。息子は東大。カリスマ主婦として時折取材だってされるのよ、そう私はセレブ、私は勝ち組・・・

そんな人はいないんじゃないかなぁ。反対に「私って負け組だから・・・」と思って暮らしている人も少ないんじゃないかなぁ。人って、それぞれある。蝶よ花よ・・・でもないけれど、不幸な感覚に自己陶酔しているわけでもない。じゃあ、どんな感じ?

「まぁ、それなりにあると言えばあるけれど、それなりに懸命に・・・」という感じではないかな?サウダージというポルトガル語はなかなか日本語に訳すのが困難な言葉なのだそうだ。哀しみ?郷愁?そうなんだろうが、それだけでもないようなのだ。

「今は幸せ・・・かな。でも過去を想い出すと、胸が痛くなることっだってある。じゃあ、不幸なの?哀しいの?そうではない。ちょっとした後悔みたいなもの?あの人に愛していると伝えられなかったとか?でもそんなことを想い出せる自分は不幸ではない。でも超ハッピー♥なんて単純なことでもない」みたいな?

音楽みたい・・・などと思う。「楽しい曲なんです」「悲しい曲なんです」なんて単純に分類できないような?長調でも明るいだけではない曲って多い。胸がキュンとしてしまうような?日常生活の中での心の隙間に入り込んできてしまうような?小さなサウダージを感じさせてしまうような?

どうしてピアノなんか弾くのだろう?教養のため?時間が余っているから?高級そうな趣味だから?上手になって人に自慢したいから?

サウダージを感じたからピアノを弾いているのでは?胸がキュンとして、微かな痛みさえ感じた。でも、それは喜びでもある。単純な人生を歩んでいる人なんていないから、心の隙間にサウダージとして音楽は入り込んでくる。言葉にはできない。「ああ・・・」とだけしか言えない。だから弾くのではないかな?

カルロス・ガルデルの曲に「想いの届く日」という曲がある。ガルデルはレ・ペラと組んで多くの名曲を残し、そして歌った。レ・ペラの詩の世界とガルデルのメロディーは調和しているように思う。この曲は映画の中の曲だ。ガルデル主演の映画「想いの届く日」の中で、ピアソラ少年は新聞少年の役で出演している。「君、僕の楽団で弾いてみないか?世界中を周るんだ」ピアソラ少年は、両親の反対にあい、参加できなかった。だからピアソラは生き残ったのだ。レ・ペラ、そしてガルデルの乗った飛行機が墜落するのだ。生き残ったピアソラはタンゴの革命児として飛翔していく・・・

アルゼンチンではガルデルの命日を「タンゴの日」と呼んでいるのだそうだ。

明るい曲?短調ではないね。でも明るいというのとは違う。暗い?サウダージじゃないかな?この曲は・・・

歌っているのはアルゼンチンの歌手、ファン・カルロス・バリエット。基本的にこの人はロック歌手ということになるのだと思うが、ガルデルやユパンキの曲を歌うと、サウダージになるような気がする。

「想いの届く日」  アルフレッド・レ・ペラ

人生は笑っているようだ
君の黒い瞳が僕を見る
君の笑い声が僕を包んで守ってくれる
すべてを忘れられる

君が僕を愛してくれる日
バラの花は素敵な色の晴れ着を身につける
鐘は君はもう僕のものだと告げる

君が僕を愛してくれる夜
嫉妬深い星たちが私たちを見るだろう
神秘の光が君の髪に宿るのだ

君は僕の慰めなのだ。




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: Saudade

tb: --   cm: 2

△top

コメント

 

想いの届く日

kazさん、こんばんは(*^_^*)
「想いの届く日」、大好きな曲です。歌詞の内容は知りませんでした!
来週、発表会でラズベリーさんと連弾するんですよ〜。
タイムリーに紹介してくださってありがとうございます!
残念ながら紹介してくださった動画はわたしのiPodからだと見ることができないのですが…(T_T)(「端末でブロックされています」という表示になってしまいます。)

ふわふわ #- | URL | 2016/10/28 23:41 | edit

ふわふわさま

来週、まさにタイムリーでしたね。アルゼンチンの人々にとっては「心の故郷」みたいな曲なのではないでしょうか?

この曲はピアノにも合うと思います。ふわふわさまなら、もうご存知だと思いますが、ピアノソロで素晴らしい演奏があります。Leopoldo Betancourtというピアニストの演奏。

El dia que me quieras pianoでユーチューブ検索すると、最初の方でヒットすると思います。

kaz #- | URL | 2016/10/29 11:12 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top