ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

もう一つの「悲しきワルツ」 

 

最も有名な「悲しきワルツ」はシベリウスのものだろう。フランツ・フォン・ヴェツェイの「悲しきワルツ」も一部ヴァイオリン関係者だけではなく、もっと広く聴かれて欲しいような曲だ。もう一つの「悲しきワルツ」がある。最も地味な感じかもしれないが、悲痛さを最も感じさせてくれる「悲しきワルツ」かもしれない。

ボヘミア四重奏団でヴィオラを担当していたオスカル・ネドバル、先の動画の写真では右から二番目に写っていた人だ。

「オスカル・ネドバル?誰?」ピアノ曲もあるのかもしれないが、有名ではないはずだ。オペレッタやバレエ音楽が東欧諸国、特にチェコ、スロヴァキアなどでは演奏されているように思う。でも日本では、ほぼ無名の人かもしれないね。

ボヘミア四重奏団でヴィオラを弾いていた頃、彼はチェコ・フィルハーモニー管弦楽団の指揮者も務めている。約10年間ぐらいかな?

その後、ウィーンに移っている。あのウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団の創立者でもある。おそらく、当時の音楽界では知られた存在だったはずだ。

オスカル・ネドバルの「悲しきワルツ」はバレエ音楽として作曲されている。「怠け者ホンザの物語」というバレエらしい。「悲しきワルツ」だけが単独で演奏され有名になっている、そんな感じみたいだ。でも有名・・・ではないかな?

悲痛、悲哀、消滅してしまいそうなほどの絶望感・・・このようなものを感じさせてくれる「悲しきワルツ」であるように思うが、それはオスカル・ネドバル自身の哀しい人生からくるイメージもそう感じさせてしまうのかもしれない。

「オスカル・ネドバル」

ボヘミア四重奏団ヴィオラ奏者、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団指揮者、そして作曲家、ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団創設者。1930年、クリスマス・イヴの夜、演奏旅行先のザグレブにて投身自殺を図る。多額を負債を抱えていたという。

享年・・・56

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

スポンサーサイト

category: 秘曲

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top