ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

ボヘミアの風、新世界の風 

 

医大生から多くの曲や演奏を紹介してもらうと共に、自分が所有しているレコードは聴かなくなってしまった。無理もないのだ。両親が買ってくれた、「名曲シリーズ」のようなレコードとか、僕が買うにしても当時駅前にあったレコード店で買ったレコードしかなかったから。選択というものがなかったのだ。店の隅にあったささやかなクラシックの棚にあるレコードが僕にとっての音楽の世界だったから。

でも偶然・・・ということもある。多くのレコードは聴かなくなってしまったが、その中で愛聴盤の地位を保っていたレコードがあった。ドヴォルザークの「新世界より」のレコード。偉大の演奏を紹介してもらった後でも、僕の愛聴盤は依然輝いていた。カレル・アンチェル指揮、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏だった。

このレコードだけは僕が医大生に逆紹介(?)したレコードだ。「新世界より」というシンフォニーそのものは、彼にとって新しい発見ではなかったに違いないが、彼はこう言った。「チェコ・フィル?また随分と渋いというか?ああ、アンチェルの演奏は初めて聴いた。ノイマンよりずっと熱っぽいね。ボヘミアの風みたいだ」・・・

「新世界」なのだから、アメリカの風では・・・などと生意気にも思ったが、サウンドとしてはボヘミアのそれだったのかもしれない。「プラハって行ってみたい街なんだ」そう言って静かに目を閉じ、アンチェル盤「新世界」を聴き入っていた。

そして、医大生は、ある弦楽四重奏曲を聴かせてくれた。ドヴォルザークの「アメリカ」僕にとっては初めての室内楽体験だった。「ボヘミア四重奏団の古い録音なんだけどね・・・」そう言って再度目を閉じて聴き入った。

ドヴォルザークのメロディーって、果てしなく切なくなる。彼が言うとおり、古い録音で、ノイズの彼方から弦の調べが聴こえる・・・という演奏だったが、やるせなさ、儚さは僕にも伝わってきた。

ボヘミア四重奏団、後にチェコ四重奏団と改名しているし、メンバーも時期によって入れ替わったりしているが、古い録音ということを気にせず、音楽を聴けば、それはそれは素晴らしい演奏なのではないだろうか?

この動画、「アメリカ」の第2楽章だが、このような曲が存在しているということ自体に切なさを感じる。写真、一番左の人がカレル・ホフマン。この人はリーダー的存在で、他のメンバーは入れ替わっても、ずっと演奏していた人。左から二番目の人、名前がないが、チェロのヘネシュ・ヴィハーンだと思う。この人がいなければ、ドヴォルザークのチェロ協奏曲は誕生しなかったのではないか?そのチェロ協奏曲を献呈された人でもある。右から二番目の人、これまた名前がないが、ヴィオラのオスカル・ネドバル。この人については別に述べたい。一番右の人がヨゼフ・スーク。最近亡くなったチェコのヴァイオリニストで同名の人がいるが、その人の祖父になる。ドヴォルザークの娘婿でもある。今ひとつ知名度が低いが、ヨゼフ・スークには素晴らしいピアノ曲がいくつかある。いつか、どこかで自分も弾いてみたいと思ったりする。チェコのモラヴェッツとか、生前スークの曲を愛奏していたように思う。

「辛いのかい?じゃあ、僕の音楽で泣けばいいじゃないか?君一人じゃないんだから・・・」僕にとって、この演奏はそんな感じかな?

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 月の輝く夜に

tb: --   cm: 2

△top

コメント

 

本日の幸福

美音! ありがとうございます。 本日の幸福。

こんな演奏をコンサートで聴きたいものです。

オーディオで聴く場合、
ピアノの音は、オーディオにピアノと同じ位お金をかければ手に入ります。

でもヴァイオリンの音は難しい。

ハイフェッツ、シェリングのような「すっきり」系は難しくありません。アッカルドも。
一方、グリュミオーのような「美音」系、癖のある(けど好な)ルッジェーロ・リッチは難しい。 イタリア四重奏団も難しい。

が、しかし、このSP(?)の音は実に美しい。 

そういえば、サラサーテも美しかった。

何か、越えている、としか言いようがありません。

KPf #G0VbINhw | URL | 2016/10/20 17:23 | edit

KPFさま

あまり録音の古さというか、音響という観点で音楽(CD)を聴くということはないですねぇ。たしかにノイズ、プチプチといったような雑音はあるのでしょうが、気にならないですねぇ。カルーソーの録音など、全くリマスターされていない盤でも全く気になりません。

演奏に集中すると、その他諸々・・・は気にならないのかもしれません。

kaz #- | URL | 2016/10/20 21:23 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top