ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

90歳のベニスの愛 

 

たしか、アール・ワイルドは94歳で亡くなったのではなかったか?心不全だったと思う。

日本でのピアニストとしての知名度は何故か今ひとつだった人のように思う。僕自身は聴いていないのだが、彼の90歳記念リサイタルを聴いた人によると、それはそれは素晴らしかったようだ。人間の奇跡・・・のような瞬間だったと。最後の曲を弾き終えると、カーネギーホールが揺れるほどの歓声に包まれたのだそうだ。それこそ「グワーッ・・・」という感じだったそうだ。

カーネギーホールでのリサイタルの前に、アール・ワイルドは心臓の手術をしており、年齢も年齢だけに、聴衆は「息を飲んで・・・」というところもあったのだそうだ。

その時のリサイタルではショパンやリストの曲の他に、ベートーヴェンの7番のソナタを弾いている。なんとも青春の真っ只中という選曲ではないか。

マルチェッロのオーボエ協奏曲、あの有名な「ベニスの愛」、アール・ワイルド自身の編曲バージョン、これも90歳記念リサイタルで演奏された曲。何故か楽譜を持っているので、90歳・・・というのは無理だとしても、いつか弾いてみたい曲ではある。

この録音は、90歳記念リサイタルの時のものではなく、アール・ワイルドが88歳の時の演奏。

ゴージャスなアレンジをする人、音符で真っ黒な楽譜を書く人・・・だけではなく、ピアニストとして、もうちょっと聴かれても良かった人のように思う。

「正確に弾かれただけの演奏の印象なんて、せいぜい翌日までしか持たない」  アール・ワイルド

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: Earl Wild

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top