ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

夜行列車 

 

ピアノを再開しての最大の悩みは練習時間が確保できないこと。基本的にピアノレッスンとかピアノ道って、地道に自宅で練習するということを前提にしているところがある。少なくとも、再開組が子どもの頃に経験したピアノ道、つまり昭和のピアノってそんなところがあったように思う。

練習しなければ弾けないのだから、練習しましょう・・・それは正しいと思う。では練習ができなくても、仕事に追われていても、それでもピアノを弾くという行為を捨てられない自分は何なのだろう?

セミナー繁栄の裏には、かつての昭和ピアノの反省というものがあるように思う。ピアノ教師自身、かつて受けた昭和ピアノを否定する気持ちは多少は持っているのではないか?同じことを味わわせてはいけない・・・みたいな?あとは、練習して欲しいのだろうと思う。興味をピアノというものに向かわせ、退屈である練習を継続させるには、どうしたらいいか、つまり練習しなければ弾けないのだから、いかに昭和ピアノとは異なるアプローチで生徒にレッスンするか・・・だからセミナーが繁栄する。かつて受けたものを、そのまま伝えてはいけないという気持ち?現実?

では大人のピアノ、練習できない、弾けない、それでも弾きたい・・・それはどこからくるのだろう?練習しなくても弾ける方法なんてないのだろうが、でも続けている人は多い。

憧れ・・・なのかもしれない。それは難曲を弾きこなすとか、そのようなこととは少し異なり、音楽への原始的欲求というか、つまり音楽を聴いて胸がキュンとしてしまうような、そんな感覚・・・、

教材研究とか、レッスン方法とか、そのようなセミナーの他に、「純粋なる憧れ」というものをテーマにしたセミナーなどがあってもいいかもしれないね。でも、もっとシンプルなのだ。教師自身が、生徒自身が、独学者が、つまりピアノを弾いている人すべてが、ピアノを弾くという行為のそもそもの動機となっているような部分、ここを追及してみればいいのだ。

「忙しい・・・でも弾きたいの」この部分。つまり音楽を聴いて涙するとか、胸キュンするとか、そのようなこと。ピアノ教師よりもアマチュアとか、自分では楽器に触れない鑑賞者の方が、胸キュンに関しては敏感であるということだってあるかもしれない。自身でピアノを演奏しなくなってしまったピアノ教師は、胸キュンを忘れてしまったのかもしれない。あるいは、そのような感覚を知らずに上達してしまった・・・

戦時中、ドイツ歌曲なんて敵性音楽だっただろうから、たとえ自宅に蓄音機があっても、盛大に聴きまくるなんてことはできなかったと思う。適性もなにも、音楽を聴いて楽しむなんて、時代にマッチしていなかったと思う。「贅沢は敵」の世界だっただろうから。でも憧れの灯は簡単には人間から奪えないのだ。ひっそりと禁じられたシューベルトを涙しながら聴いていた人だっていただろう。

ゲルハルト・ヒュッシュが初来日したのは、たしか昭和27年頃だったのではないか?その頃は、たしかコルトーも来日したのではなかったか?

東北のある地方都市からAさんは夜行列車に乗った。東京でゲルハルト・ヒュッシュを聴くために。新幹線など存在していなかった時代だ。鈍行列車、夜行列車と乗り継ぎ、東京へやってきた。憧れのヒュッシュ、かつて爆撃を受けながら、それでも暗い中、小さな音でスピーカーに耳を近づけながら聴いたヒュッシュ。

2階席の一番後ろの席だった。そして祈るような気持ちでヒュッシュのシューベルトを聴いた。自分ではピアノなんて触ったことも見たこともなかったが、それでも楽譜をなんとか手に入れ、手に入らない楽譜は自分で写譜し、その夜歌われる歌は、すべてヒュッシュと一緒に心の中で歌えるようにした。

Aさんはヒュッシュを聴き、そして共に歌った。胸が張り裂けそうだった。「これが音楽というものか・・・」と。

たしかに今は便利になった。かつてのAさんのような憧れというものは、どこか忘れがちなのかもしれない。簡単に音楽は聴けるし、レッスンもピアノも手軽なものとなった。ピカピカのホールは乱立しているし、ワンサカと外来演奏家も来日するし。

時代は変わっても変わらないのが憧れかもしれない。人間の心の奥深く進んでいくと、憧れは見えてくるのではないか?Aさんが聴いたヒュッシュの歌声も聴こえてくるのではないか?胸が張り裂けそうな、苦しいまでの憧れが・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top