ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

バーブラの軌跡 25 

 

ドナ・サマー、懐かしくて身もだえする。1970年代といえば、ディスコ音楽。ディスコの女王といえば、ドナ・サマー。ディスコ全盛時代、歌手としてバーブラにとっては逆風の時代となった可能性がある。歌は上手く、偉大な歌手だが、ちょっと過去の人、時代遅れの人・・・みたいな。でもそうはならなかった。それどころか、躍進の時代となった。

この時代、ドナ・サマーとか、アバとか、ヒットしていたよねぇ。でもバーブラも売り上げとか、ヒットチャートという意味でも、そこにしっかり食い込んでいたというところが好きだ。常に躍進というか、過去ではなく、前を向いているというか、過去のヒット曲に依存しないというか・・・意外と大物になればなるほど、このあたりは難しいのではないかと思う。

バーブラは70年代の最後にドナ・サマーとデュエットしている。もちろん、大ヒットしたねぇ。

ドナ・サマーが今はいないということ、信じられない感じだ。時代は感じるが古さは感じない。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: Barbra Streisand

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top