ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

テクニックとメカニック 

 

ただ音を並べています・・・ではなく、一応強弱や抑揚もある。ブンチャッチャッのように横の流れも硬直しているわけではない。「あら、上手に弾けてるじゃない?」レベルではあるけれど「あら、素敵ね」レベルではない・・・

音が満載の超難曲、弾きこなすのは難しい。反対に音符の数が少ない曲も難しい。ツラツラとなんとなくは弾けるけれど、間がもたないというか?とても「素敵ね」なんて感じてもらえる演奏には遠い・・・

このような場合、理由として音楽性が足りない、感性や才能が足りないとしがちだ。そうなのかもしれないが、技術が不足していると考えてみたらどうだろう?やたら音楽性とか、才能とか、どこか曖昧な水っぽいところに逃げてしまわずに、そして諦めてしまわずに、人を惹きつける魅力に欠けているのには理由があるのだと。つまり技術、その情報に関するノウハウに欠けている、もしくは表現と技術が密接な関係にあるとは思わす、どこか分離して考えてしまっている?

「テクニックはあるけれど、音楽性が足りない」よく使われる表現だが、これはちょっとおかしいのかもしれない。テクニックがあれば音楽的な表現を伴った演奏に聴こえるはずだからだ。もしかしたら、メカニックとテクニックを混同している?「メカニックはあるけれど、テクニックが足りないので音楽的には残念ながら聴こえてこない」・・・なら概念として分かるが。

楽譜面として非常にシンプルな曲で、素敵に聴こえない、これは音楽的な才能がどうたらとか、そのようなことよりも、むしろテクニックが足りないと考えてみたら?指のアジリティとかオクターブ連続を無理なく弾きこなすとか、それはテクニックというよりは、メカニック。シンプルな曲で難ありの演奏だとしたら、伸びる音を奏でるタッチとか、指の動かし方とか、腕の使い方というテクニックが不足しているのでは?音楽性なんたら・・・ではなく。響きの中にクリアなトーンの音を浮かび上がらせる・・・とか、これはテクニックの問題なのではないだろうか?

ピアノ教育現場でさえ、混乱していることもあるのでは?テクニックとメカニック・・・

本来は「このようなサウンドが欲しい」という脳の指令、欲求があって、初めてテクニックというメカニックを使用した表現のためのツールを使用するわけで、「一応間違えずに弾けるようになったから表現を考える」では何か遅いというか、違うのではなかろうか?

リストの「鬼火」やバラキレフの「イスラメイ」は超難曲だけど、弾きこなすのは難しい、ショパンのノクターンは一応弾けるけれど、表現が難しい・・・そうだろうか?ピアノでベルカントで歌っているように聴こえるには、メカニックとテクニックが必要ではないだろうか?

重要なのは、やたらテクニック、メカニックというものと音楽性、才能、感性というものを分けて考えずに、それらのものは密接な関係にあると考えてみる。諦めないですむじゃない?「どうせ才能なんてないし」みたいに。理由があれば諦めずにすむじゃない?

ピアノ曲、合う、合わない、好み、そうでもない、このようなことはあるかもしれないが、簡単な曲と難曲とに分けてしまうのは、少々無理があるのではなかろうか?メカニカルには余裕がある・・・ならなんとなく分かるが、シンプルな曲にもテクニックは必要だ。

「こういうシンプルな曲って聴かせるのは大変ね」「そうね、テクニック的には楽なのにね・・・」この場合、テクニックではなくメカニックでは?簡単な曲なんてあるのだろうか?

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: ピアノ雑感

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top