ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

演奏者の責任 

 

聴いている人が曲の魅力を感じる・・・音楽がそこにあり、演奏しているわけだから、それは当たり前の風景のように思えるが、実はなかなか難しいことのようにも感じるし、実際にそのような演奏は多くはないような気はする。上手いとか、よく弾けるとか、そのようなこととは少し違うんだな。「あら、いい曲ね」「あら、素敵な演奏じゃない?」みたいな?

○○音大卒業、○○音楽院に留学し○○教授に師事。○○コンクール入賞、帰国後は○○のような活躍・・・このような経歴を持ちながら、そして決して下手ではなく、むしろ上手ではあるのだが、演奏の始まった瞬間に退屈してしまい「はやく終わらないかなぁ・・・」などと感じてしまうこともある。というか、多い。何故だろう?

達者に弾きこなす、これといって目立ったミスもなく、つまりドキッとするような演奏クラッシュもなく、なんとなく(?)ツラツラと演奏は進んでいく。「あっ、終わった・・・一応拍手しなきゃ!」

多くのクラシックに疎い(?)人はクラシック音楽を「難解」とか「敷居が高い」とか「堅苦しい」と思うらしい。そしてそのような高尚なクラシック音楽の演奏なのに、自分は何も感じられないということに対して、自分に責があると感じる。「教養がないから」「クラシックのような高尚なものとは縁がなくてね」そうだろうか?聴き手が無教養だから、知識が足りないからなのだろうか?

演奏そのものがつまらないから・・・ということもあるのでは?

何も超がつくほど珍しい曲を弾く場合ではなくても、聴き手はその曲に馴染んでいないということは、ままある。ピアノ弾きには耳だこかもしれない「英雄ポロネーズ」や「ラ・カンパネラ」でも、聴き手の中には、あなたの演奏で初めてその曲に接する人だっている。自分の演奏によって、その初めて体験の聴き手が、あなたの演奏ではなく、ショパンやリストに対して、はてはクラシック音楽全般に関して、退屈だと評価してしまうことだってある。「よく分からないし、自分には教養もないし・・・」と。演奏が単純につまらなかったと考えてみたらどうだろう?曲がつまらなかったのではない、実は演奏が未熟だったと。バリバリとノーミスでということではなく、その曲の魅力が伝えられたかどうか・・・

ピアノ弾きは、ピアノ曲に関しては、ある程度詳しいのだろう。だから「耳だこ」なんて言葉があるのだ。では、ギター曲に詳しいだろうか?イタリアオペラについて詳しいだろうか?どうだろう?

アマチュアだと、どうしてもピアノを知る聴き手の中だけで演奏しがちだ。サークルとかね。このような演奏会があるとする。ピアノ2名、声楽2名、ギター1名、チューバ1名という6名の演奏会。もし、あなたがピアノで出演するピアニストの生徒とか、知り合いで、個人的なつながりでチケットを購入したとする。その場合、もう一人のピアニストの演奏は、まぁ、しっかり聴くだろうと思う。でも声楽はどうだろう?チューバやギターは?「まぁ、どうでもいいかしら?」みたいなところはないだろうか?ピアノ関係で聴きに来たのだから、目当ては知り合いのピアニストの演奏なのだから。声楽には興味がない、ギターには興味がない・・・それは自由だが、では実際の演奏会場で声楽やギターが演奏される時間には、ロビーで待機するだろうか?それも自由なのかもしれないが、そうなると会場ではやたら出入りする「目立っている人」にはなるだろう。大概は我慢して(?)聴くのではないかと思う。

「なんだか声を張り上げちゃって・・・だからオペラって苦手よ」「ギターって曲そのものが民族的というか、そのへんが苦手なのよね。やたらジャラジャラ鳴らしているみたいで・・・」

オペラって、ギターって苦手、退屈、そうだろうか?じつは演奏に魅力を感じなかったからでは?ギターが退屈なのではなく、その日のギタリストの演奏が凡庸だったのでは?

ピアノを弾く人は、子どもも含めて他の楽器よりは、はるかに多いのだろうから、ピアノ界で有名曲は世間でも有名曲なのだろうか?そのようなこともあろう。でも「バラードの1番」とか「メフィスト・ワルツ」、ラフマニノフのプレリュードあたりになるとどうだろう?知らない、知識がないという人が、「なんだか難しくて、よく弾いてらっしゃるような気はしたのですが、自分は感性がないのか、そのような高尚な音楽には恥ずかしながら縁がなくて・・・分かりませんでした」と感想をもらしたとしたら、それは「まぁ、そうかもね。猫に小判ということかしらぁ・・・」ということではなく「私の演奏って魅力に欠けていたのかしら?」と思ってもいいのかもしれない。

なんだか高尚すぎて分からなかった・・・実は「あなたの演奏に魅力は感じなかった」ということでもあるのでは?

初めてその曲を聴く人・・・これを想定してもいいのかもしれない。自分の演奏によって、その人のピアノ感、さらにはクラシック感まで決定づけてしまうこともあると。「自分は教養がなくて。どうもクラシックは・・・」これって「退屈だったんだよ。はやく終わればいいと思って我慢しながら聴いていた」ということの別表現かもしれない。知識のない一般人、日頃クラシックなんて聴いたことない人でも感じることはできる。というか、そのような人こそ感じるものがあるというか・・・

「よし、ここと、あそこを練習して」「もっと流麗につっかえないで弾けるようにしないと」「暗譜が心配だわぁ・・・」ツラツラと本番前に思うことはあるだろうが、もう一点加えてみよう。「自分の演奏って、クラシックを日頃聴かない人にどう聴こえるのだろう?自分の演奏は、そのような人から素敵だったと言われるだろうか?」

このギター曲、初めて知った。キャッチ―でいい曲だと思った。演奏が僕にそう感じさせたという要素もあるのでは?凡庸なノリの悪い、ただ弾いているだけのような、とりあえず音符を音にしてみましたという演奏だったら、僕は「いい曲じゃない?ステキじゃない?」とは思わなかったように思う。僕はギターを弾くわけでもないし・・・

曲の責任か?クラシック音楽という分野の責任か?演奏の責任か?聴き手の責任か?

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top