ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

サークル慣れ 

 

アマチュアの特権として「自分の楽しみのために演奏できる」ということがある。人がどう感じようと、自分が満足できれば・・・みたいな?たしかに趣味であるのだから、それでもいいのかもしれない。「私は私だから」と割り切れれば・・・

同じアマチュアの、しかも非常に魅力的な、思わず聴き入ってしまうような演奏を聴いたとして、自分にはない何かをその人は持っているとして、その場合でも「まっ、私は私だし、趣味なんだから楽しければいいんだし・・・」と心から思える人は、どれくらい存在するのだろう?意外と少数派なのではないかと思う。多くの人は「ああ、自分もあのように弾けたらどんなにいいだろう」と思うのではないだろうか?

サークルという場、アマチュアにとっては貴重な演奏経験の場だと思う。でも、なんというか、あまりにサークル慣れというのか、そうなってしまうのもいいことではないのかもしれない。

「こんな曲を弾いたら○○と思われる」とか「難しい曲に挑戦してみたい」とか、「今度はミスなく演奏したい」とか、そう思って練習するのも悪いことではないと思うが、肝心なことを置き忘れてしまい、サークルという仲間内だけの感覚が自分の感覚・・・となってしまうこともあるように思う。大切なのは、難しい曲を弾くことでもなく、ノーミスの演奏を狙うことでもなく、耳だこの曲は避けたいとか、そんな感覚を養うことでもなく、大切なことは「その曲を愛しているのなら、その曲の魅力を伝えられるようになる」ということではないだろうかと。

ショパンのバラード第1番。この曲は大変有名で、弾いたことのない人でも曲は知っている。知られた曲ではある。でも、「有名すぎる曲だから、ミスがバレバレね。耳だこの曲でもあるし、次の練習会では違う曲にしておこうかな・・・」

ありがちだ。でも相当サークル慣れしている感じ方ではないだろうか?アマチュアの場合、サークル内で有名な曲=世間一般でも有名な曲・・・と思いがちだ。でもクラシックに詳しくはない人にとって、バラードは有名だろうか?聴き飽きたと思うほど耳だこの曲だろうか?それはサークル内だけに通用する感覚では?バラードの一番を弾く場合、有名だからとか、ミスがばれやすいとか、そんなことを思うのではなく、「初めてこの曲を聴く人にも曲の魅力が伝わる演奏をしたいな・・・」が本当では?自分もそのような演奏をしたいと思うことの方が、サークル大将になることよりも尊いのではないか?

僕は浮世絵には疎い。歌麿と広重の有名な作品に対して「あっ、これ見たことある」程度の知識しかない。普通はそんなものではないだろうか?クラシック音楽に関しても世間ではそんなものなのでは?

でもその程度の知識でも感じることはできるのだ。実は最も厳しい聴き手はサークル内には存在しない。知識のない一般人(?)の方が曲や演奏に対してピュアな感覚を持って聴く傾向はあるように思う。自分が惹きこまれたか、退屈だっただけで判断するから。彼らには有名曲だの難曲だの、初心者が弾く曲だの、そんな風には捉えて聴かないのだ。だから厳しい。

誰でも初めてその曲を聴いた時、つまりその曲と出逢った時はあったはずだ。その時に思ったはずだ。「なんていい曲なのかしら・・・」と。かつて自分が感じた、心が動いたものを追ってみることが大切なのではないかな?

「人がどう感じるか・・・なんてそれはプロの話でしょ?アマチュアなんだから・・・」

では人の演奏を聴いて「ああ、自分も・・・」とは微塵も感じないのだろうか?感じないのだったらアマチュアなのだから楽しめばいい。難曲を弾いたということで満足すればいい。ミスがどうたらとか、そればかり考えていればいい。

でも、人を惹きつける、つまり、上手になりたくない人なんているのだろうか?

ピアノを弾いている理由、ピアノだけが自分が他人から認められる手段、最後の手段だから?違うのでは?かつて自分の心が動き、感動したからでは?

「耳だこの曲」「ミスがばれやすい有名曲」「難曲」「初級者が弾く曲」「上級者が弾く曲」・・・かなりサークル慣れした言い回しではないだろうか?

デニス・グレイヴスにとってカルメンの「ハバネラ」を歌うというのはどんな感じなのだろう?オペラの中でアリアとして歌うのではなく、リサイタルで歌う場合。「この曲、有名すぎるのよね」と思って嫌々歌うのだろうか?「こんな超有名曲、うんざりだわ」と思って歌うのだろうか?彼女にとって、このような小さな会場で、少人数対象の演奏会というのは非常に珍しいことなのではないだろうか?いつもは歌劇場や、リサイタルでも、もっと大きな演奏会場で歌うのが普通なのではないだろうか?

「まったく・・・素人相手に歌うなんて・・・」

そんな感じはしないよね。「ハバネラ」という超有名曲に対して、曲の説明も詳しく話しているので、きっと聴衆はディープなオペラファンではなく、一般人(?)なのではないだろうかと想像する。いつも彼女が接する聴き手とは違うような?

「ああ、カルメンの魅力を伝えたい、こんなに素晴らしい歌なのだから。かつて私が初めて聴いた時のような感動を、今日、この人たちに伝えることができたなら・・・」彼女はそんな風に感じながら歌っていたのではないだろうか?

そのような想いは伝わるものではないだろうか?

サークル慣れすることよりも、それは大切なことのように思う。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: サークル

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top