ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

街角のワルツ 

 

この人(元祖ユーチューブの人)が演奏しているのは、ミニョーネの「街角のワルツ」という曲。僕はこの人の演奏、とても好きだ。情感豊かで、音に念があって、どれだけ曲を愛しているのかが伝わってくるような演奏だから。

むろん、この人よりも指が闊達にパラパラと動く人は沢山いるのだろうが、それが何だと言うのだろう?

おそらく、この人は「素敵な演奏ね」「情感豊かな演奏ね」「あなたって表現力があるのね」と他人から言われたことがあるのではないかと想像する。そりゃあ、嬉しいだろうとは思うが、自分が褒められて嬉しいというよりは、こうなんじゃないかな?

「そう、嬉しいな。この曲って本当にいい感じでしょ?」

自分の技量が褒められたから嬉しいだけではなく、曲や自分が思い描いていたサウンドを、その曲が持っている音世界を褒められたから嬉しいと・・・

「いい曲でしょ?」と・・・

この人は、きっとそんな人なんだと思う。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 世界のピアノ仲間

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top