ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

ベルカントの国だから? 

 

いわゆる誰でも知っている有名ピアニストもそうなのかもしれないが、イタリアの人って歌心があるような気がする。気のせいなのか、イタリア=ベルカントの国という先入観がそう感じさせるのか?

アマチュアの自宅での私的な動画とか、世界的ではないかもしれない、どこかドメスティックなピアニストの動画、日本と比べ、やはり歌心の多い人が多いような?面白いことに、ピアノの演奏動画でそのように感じることが多い。まぁ、これは僕もピアノを弾いているからそう思うのだろうが。

日本人の演奏の場合、どこか指の動きに稚拙さがあると、表現もそれなりにたどたどしいという人が多い。でも指の動きが達者でツラツラと超絶曲を弾けたとしても、本当は余裕があるのだから、歌心満載の演奏になりそうなものだが、「どうよ!」みたいな演奏が多かったりする。いわゆる「基音」のようなものが日本人の演奏は目立ちすぎるのかな・・・などとも思う。生醤油そのままの味付けです・・・みたいな音?響きがないというのかなぁ?

まずは音符を機械的に譜読みをして・・・という手順がいけないのかなぁ・・・

このジョルジオさん、指の闊達さという意味では、コンクールを狙います、金賞を狙います・・・という感じではないような?「あら、この人よりも私・・・指がまわるし、難曲も弾けるわ」という人は多いだろうと思うが、このような歌心を伴った演奏となるとどうなのだろう?

第一印象で「あっ、この人の演奏って素敵だな」と思ったし、「ああ、ジョルジオさん、音楽が好きなんだな」ということも感じた。

日本だと、この種の演奏って、割と珍しいのではないかとも思った。でもそれっていいことなのかな?イタリアが特別なのか?日本が普通なのか?それとも日本が特殊なのか?

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 世界のピアノ仲間

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top