ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

トマス・ティリノ ピアノリサイタルへようこそ 2 

 

これもスペイン組曲「アンダルシア」からの一曲。「アンダルーサ」という曲なのだが、ポピュラー音楽として「そよ風と私」というタイトルでも知られている。なるほど、たしかにキャッチ―なメロディーだ。

レクオーナの曲って、弾いてみると分かるが、メカニカルな意味で非常に難渋だ。この曲もキャッチ―な割には難しい。オクターヴでメロディーを歌わなければならない。跳躍も難しいので、舞台で演奏するにはリスキーな曲ではある。

でも魅力的だよなぁ・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: あっぱれ麗し舞台

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。